格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 横浜発着 > 横浜〜仙台

横浜〜仙台はこうすれば安く行ける!

横浜〜仙台を安く行く方法を考えてみましょう。横浜・仙台間には直通の交通機関は少ないですが、東京などで乗り継いで、新幹線、高速バス、JRの普通列車などを利用できます。

横浜〜仙台間の移動でもっともオーソドックスなのは新幹線です。新幹線は東京や大宮から利用しましょう。「えきねっとトクだ値」などの割引きっぷを活用します。安さを求めるなら青春18きっぷが抜群ですが、学休期しか発売されていません。

高速バスは、横浜〜仙台程度の距離なら適度ですし、昼行も夜行も使えます。昼行バスでも疲れずに着ける距離です。夜行バスは寝ていれば着くので便利です。

飛行機もあるにはありますが、安く移動するための現実的な手段ではありませんので、ここでは除外します。

まとめると、安さなら青春18きっぷか高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、ということになります。

広告

新幹線を利用する

横浜〜仙台でもっとも便利な交通機関と言えば新幹線。ただし、新横浜〜仙台の直通の新幹線はありませんので、上野東京ラインで東京駅か大宮駅に出て、東北新幹線に乗り換えることになります。新横浜駅~東京駅で東海道新幹線を使う方法もありますが、格安旅行という視点でみると、もったいないです。

格安旅行をするなら、横浜〜大宮間は上野東京ラインがいいでしょう。新幹線は大宮〜仙台間だけになりお得です。東京~大宮間は、新幹線の速度が遅いので、大宮乗り換えでも東京乗り換えでも、所要時間はあまり変わりありません。

東北新幹線の大幅な割引きっぷとしては「えきねっとトクだ値」があります。これはJR東日本のインターネット予約サイト 「えきねっと」の「新幹線eチケットサービス」の割引きっぷです。「トクだ値」なら片道9,000円台で大宮~仙台で新幹線「やまびこ」に乗れます。「お先にトクだ値」という早割タイプの格安チケットなら、大宮~仙台間が片道7,000円台です。まずは、えきねっとを確認してみましょう。

金券ショップでは東京~仙台や大宮~仙台の指定席の回数券もばら売りされています。ただ、金券ショップの指定席回数券はあまり安くなく、駅の窓口で自由席を購入しても変わらない場合もあります。

広告

高速バス

横浜〜仙台には直通の高速バスは夜行バスだけです。昼間の高速バスは東京〜仙台間に設定されていますので、東京まで行って乗りましょう。高速バスは3列シートと4列シートがあります。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

東京〜仙台の高速バスでポピュラーなのはJRバスと東北急行バスです。JRバスの場合、安いのは昼間の4列シートです。昼間ですと4列でもそれほど疲れません。夜行バスは寝ている間に着きますのでラクですが、4列シートだと狭いので寝づらいかもしれません。所要時間は5〜6時間くらいです(時間帯によって変わります)。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車(青春18きっぷ)

横浜〜仙台をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。約8時間で6,600円です。学割が使えれば5,280円ですから、高速バスより安く移動できることもあります。青春18きっぷを使えるシーズンなら、1日あたり2,410円で横浜~仙台を移動できるので、それが最安値です。

横浜~仙台間を安く行く方法まとめ

仙台伊達政宗

横浜~仙台間を安く移動するなら高速バスでしょう。東京まではJRや京急などで移動し、東京~仙台間を高速バスにします。時期や便によりますが、高速バスは3,000円程度で購入できます。高速バスはJRバスと東北急行バスなどがあり、価格的が異なりますので「楽天トラベル高速バス予約」などで価格比較をするといいでしょう。

所要時間ならJR新幹線です。横浜駅からの利用の場合、上野東京ラインで大宮駅まで行き、新幹線の乗車区間を大宮駅~仙台駅間に絞るのが安く行くこつです。大宮~仙台間は、「はやぶさ」号ならわずか1時間あまり。圧倒的に早いです。ただ、「はやぶさ」は格安チケットがないので、2時間程度かかってもいいなら「やまびこ」利用がいいでしょう。価格はえきねっとトクだ値で早めに購入すれば、7,000円台です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP