格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜北九州

東京〜北九州はこうすれば安く行ける!

東京〜北九州(小倉)を安く行く方法を考えてみましょう。東京・北九州間には新幹線、飛行機、高速バスなど、多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

東京〜北九州間の移動でもっともオーソドックスなのは飛行機です。羽田〜北九州空港間にはスターフライヤーの便が多く、割安なチケットもあります。大手航空会社も羽田〜北九州路線は比較的割引運賃が豊富です。時間は少し余計にかかりますが、福岡空港のLCCを使う手もあります。

利便性なら新幹線が使いやすいです。東京~小倉間にはお手頃な割引きっぷがあります。

安さを求めるなら青春18きっぷで普通列車を乗り継ぐのが格安です。ただし、東京~小倉を1日でたどり着くのは至難です。高速バスは時間がかかりますが、値段はお手頃です。

まとめると、安さなら高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、速さなら飛行機、ということになります。

簡単にまとめると、安さならLCCか高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、ということになります。

東京~北九州の価格比較(通常期)
新幹線指定席 22,730円
新幹線自由席 21,560円
新幹線EX早特 17,000円~
JR普通列車 13,460円
JAL 5,600円~
スターフライヤー 9,800円~
高速バス 7,700円~
広告

新幹線を利用する

東京~小倉間は、「のぞみ」号で約4時間40分です。正規価格は、指定席が22,730円、自由席が21,560円です。自由席は指定席より1,170円も安いので、安く利用するなら自由席を選びましょう。

往復利用の場合、東京〜小倉間なら「往復割引」の適用があります。往復同時にチケットを購入した場合、片道あたり20,210円(自由席)になります。14日以内に往復するのが条件です。

もちろん学生の場合は学割も活用しましょう。往復割引とあわせて17,790円(自由席)となります。

ネット購入の割引きっぷもあります。インターネット予約サービス「スマートEX」の「EX早特」で、片道17,000円~17,720円です。列車、座席数限定ですが、乗車日の3日前まで発売されているお得なチケットです。「スマートEX」には無料で会員登録ができます。

金券ショップで指定席回数券を購入するのも一般的です。6枚綴りで126,960円。1枚あたり21,160円です。金券ショップでばら売りしています。ただし、往復割引の自由席より高いです。

飛行機を利用する

東京〜北九州間を飛行機で移動する場合、まず思いつくのはスターフライヤーです。スターフライヤーはLCCではありませんが、大手航空会社に比べて割安な運賃です。といっても、羽田~北九州間の通常運賃は37,200円もします。割引運賃の場合「そら旅」の最安値が9,800円~です。直前でも購入できるチケットは16,000円~くらいです。

大手航空会社では、JALが羽田~北九州に就航しています。割引運賃の最安値は「ウルトラ先得」で、時期によっては5,600円~と、スターフライヤーもびっくりの破格値もあります。ただ、こうした激安チケットは2ヶ月くらい前に予約が必要です。直前でも購入できるチケットは、18,000円~くらいで、2万円前後が相場と考えておくといいでしょう。

飛行機の所要時間は約1時間50分で、空港アクセスも含めて都内から北九州市内まで4時間程度です。

高速バス

東京〜北九州を走る高速バスの代表格は、西鉄バスの「はかた号」です。個室タイプの「プレミアムシート」と3列の「ビジネスシート」の2種類しかない豪華バスです。ビジネスシートの通常運賃は12,200円~16,400円。「WEB早割45」を使うと7,700円~10,800円などとなっています。バスタ新宿~小倉駅前の所要時間は約13時間です。

「はかた号」以外にも、少ないですが格安高速バスも運行しています。価格は時期やシートによってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

夜行バスは寝ている間に着きますのでラクですが、12時間を超える長丁場なので、4列シートは狭いので寝づらいかもしれません。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車

東京〜小倉をJRの東海道本線の普通・快速列車で旅する方法もあります。東京駅を始発列車で出れば、翌日の午前0時過ぎになんとか小倉駅到着します。所要時間は約19時間です。運賃は13,460円です。

19時間も普通・快速列車に乗り通すのはさすがにしんどいので、通常運賃の場合は、この方法はおすすめしません。しかし、青春18きっぷなら1日あたり2,410円で移動できます。したがって、青春18きっぷを使える時期なら、こういう方法もいいでしょう。

ただし、青春18きっぷは5日分12,050円でしか販売していません。金券ショップで1日分を購入すると3,000円程度はします。それでも激安です。

東京~北九州間を安く行く方法まとめ

小倉城

東京~北九州間を安く行くなら、飛行機のチケットを早めに買うのが有効です。スターフライヤー、JALとも、2ヶ月前に買えば1万円以下、1ヶ月くらい前までなら1万円台前半でチケットを手に入れることは難しくありません。

体力があるなら高速バスもいいですが、3列シートで9,000円程度はしますし、週末なら1万円を超えるでしょう。飛行機に比べて激安とはいえませんし、所要時間の長さを考えると、あまりおすすめする理由はありません。

青春18きっぷのシーズンなら、JRの普通・快速列車を乗り継げば、1日あたり2,410円で移動でき、それが最安値でしょう。ただ、東京~小倉は遠すぎて、普通・快速列車に乗って1日で移動するのは限界的な距離です。この値段なら挑戦する価値がありますが、鉄道好き以外にはおすすめしません。

出発日が近づいているなら、新幹線がお得なことも多いです。「EX早特」なら17,000円で「のぞみ」に乗れます。この区間は「EX早特」の割引率が高くお得です。飛行機のチケットが1万5,000円を超えてくるなら空港アクセス費用も含めると、EX早特のほうがいいかもしれません。

新幹線を利用する方は、往復割引で自由席を利用する方法もあります。片道あたり20,210円です。手軽に駅窓口で購入できるのがメリットです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP