格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜長崎

東京〜長崎はこうすれば安く行ける!

東京〜長崎を安く行く方法を考えてみましょう。東京・長崎間の移動は飛行機がメインです。JRで新幹線と特急を乗り継いで行くこともできます。直通の高速バスはありません。

東京〜長崎間の移動でもっともオーソドックスなのは飛行機です。運航本数も航空会社数も多く、JALやANAは格安チケットを数多く用意しています。格安航空会社LCCとしてはピーチが成田発着路線を開設しています。羽田発着ならスカイマークが手頃です。一方、新幹線は飛行機に比べれば定価は安いですが、割引きっぷがほとんど設定されていませんし、東京~長崎の直通列車もありません。

安さを求めるなら青春18きっぷという手もありますが、普通列車を乗り継ぐにはちょっと距離が遠すぎますし、学休期しか発売されていません。高速バスも遠すぎて、東京~長崎に直通バスはありません。

簡単にまとめると、東京~長崎の移動は、安さならピーチかスカイマーク利便性ならJAL、ANAの格安チケット、ということになるでしょう。

広告

スカイマーク、ソラシドエアを利用する

東京〜長崎間を移動する場合、飛行機が第一選択肢となります。羽田発着にはJAL、ANA、スカイマークがあり、成田発着にピーチがあります。

このうち、羽田発着で便数が多く、価格が手ごろなのはスカイマークです。スカイマークの羽田〜長崎便は、途中神戸での乗り継ぎなので時間は少しかかりますが、そのぶん大手航空会社より格安です。

直行便ならソラシドエアが比較的安い航空券を販売しています。

ピーチを利用する

破格の運賃を求めるなら、LCCのピーチでしょう。ピーチは成田~長崎線を運航しています。安ければ6,000円~7,000円程度で旅行できます。バーゲンならさらに破格です。ただし、都心~成田空港のアクセスには時間とお金がかかりますので、ご注意ください。

JAL、ANAの飛行機を利用する

東京〜長崎にはJALとANAがそれぞれ就航しています。JALやANAでも、1ヶ月ほど前に予約する割引運賃を使えばお手頃な価格です。とくに「バリュー」「先得」などの超早期割引運賃はお得です。出発日が近づくにつれて運賃は高くなっていきます。

JR新幹線・特急を利用する

東京~長崎間にJRの直通列車はありません。この区間をJRで移動する場合、東海道・山陽新幹線「のぞみ」と、長崎線特急「かもめ」を乗り継ぐことになります。

JR新幹線で東京~長崎間を安く行くには、自由席を利用して往復割引できっぷを買う方法がベストです。「のぞみ」と「かもめ」を博多駅で乗り継いで、どちらも自由席を利用するのです。九州新幹線の新鳥栖で乗り換えることも可能ですが、博多で乗り換えたほうが一回の乗り換えですみますし、値段も安いです。

往復割引というのは、601km以上の距離に乗るときに、運賃が1割引になるという制度です。新幹線に乗るときは、特急券のほかに乗車券が必要で、往復割引が適用されるのは乗車券部分だけです。

「往復きっぷの乗車券」+「自由席」のテクニックを使うと、新幹線やJR特急に安く乗れます。もちろん学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券部分がさらに2割引になります。

新幹線は飛行機に比べて定価が安いので、割引きっぷを使わなくてもそれなりに手頃な値段です。

高速バスを利用する

東京~長崎には高速バスはありませんが、東京〜福岡には高速バスが走っています。福岡~長崎にも高速バスがありますので、これらを乗り継ぐと東京~長崎間を高速バス移動できます。ただ、現実的ではなく、趣味の領域でしょう。

JR普通列車を利用する

東京〜長崎をJRの東海道・山陽・長崎線を乗り継いで普通列車で旅する方法はどうでしょうか。早朝に出発しても当日中にたどり着くことはできません。途中で泊まりながらのんびり進むならいいですが、そうでないなら普通列車でこの区間を移動するのはかなり難題です。

青春18きっぷを使えるシーズンなら、格安で移動はできるでしょう。ただ、一日では着きませんし、途中で新幹線を利用すれば、それほど格安にはなりません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP