格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 横浜発着 > 横浜〜名古屋

横浜〜名古屋はこうすれば安く行ける!

横浜〜名古屋を安く行く方法を考えてみましょう。横浜・名古屋間には新幹線、高速バス、JRの普通列車といった交通機関があります。

横浜〜名古屋間の移動でもっともオーソドックスなのは東海道新幹線です。新幹線は新横浜~名古屋間を乗車します。

安さを求めるなら青春18きっぷが抜群です。ただし、学休期しか発売されていません。

高速バスは、横浜〜名古屋程度の距離なら適度ですし、昼行も夜行も使えます。夜行は寝ていれば着くので便利です。

飛行機もあるにはありますが、安く移動するための現実的な手段ではありませんので、ここでは除外します。

まとめると、安さなら青春18きっぷか高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、ということになります。

広告

新幹線を利用する

東海道新幹線の格安チケットでおすすめは、「EX早特21」です。これは「スマートEX」というJRのインターネット予約サイトで販売されている格安チケットです。特定時間帯の「のぞみ号」を21日前までに予約することで、格安で新幹線を利用できます。早朝など特定の時間帯しか使えませんが、「のぞみ号」に安く乗るにはもってこいです。

2人以上の旅なら「のぞみファミリー早特」もおすすめです。土休日しか使えませんが、3日前までの予約で「のぞみ号」が割引になります。平日なら「こだまファミリー早特」があります。3日前までの予約で、「こだま号」に格安で乗れます。

駅窓口で当日購入なら、「自由席」を利用するのが安く行くコツです。「のぞみ」の指定席は割高なので避け、リーズナブルな自由席にします。名古屋から乗る場合、自由席だと座れない可能性もありますが、一本見送るなどして、来た列車に一番に乗れるように並べばだいたい座れます。

学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券が2割引になります。

金券ショップで指定席回数券のばら売りを購入する方法もありますが、「自由席」を正規料金で買うより高くなる場合もありますので要注意。

「こだま号」でもいい、という人は、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま普通車プラン」という方法もあります。利用できる列車が限られているなどの制約がありますが、新幹線を利用して横浜〜名古屋間を移動するにはもっとも安い方法です。「ぷらっとこだま」はJR東海ツアーズで購入できます(駅の窓口では購入できません)。

高速バスを利用する

横浜〜名古屋には高速バスも走っています。高速バスは3列シートと4列シートがあります。夜行バスと昼行バスがあります。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

横浜〜名古屋の場合、昼間のバスは横浜駅を経由しないのがほとんどです。東名高速バスの「東名江田」には停まるバスがありますので、そこから利用しましょう。東名江田へは、東急田園都市線、地下鉄ブルーライン「あざみの」駅から徒歩15分くらいです。江田まで行くのが面倒な方は、いったんJRで東京駅まで出てもいいかもしれません。

高速バスの場合、安いのは4列シートです。昼間ですと4列でもそれほど疲れません。夜行バスは寝ている間に着きますのでラクですが、4列シートだと狭いので寝づらいかもしれません。所要時間は5〜6時間くらいです(時間帯によって変わります)。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車を利用する

横浜〜名古屋をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。5,720円で約6時間です。学割が使えれば4,570円ですので、高速バスより安く移動できることもあります。また、青春18きっぷを使えるシーズンなら、1日あたり2,410円で移動できますので、それが事実上の最安値です。

横浜~名古屋間を安く行く方法まとめ

名古屋駅

横浜~名古屋間をとにかく安く行きたい!という方は、高速バスのチケットを早めに買うことです。JRハイウェイバスの4列シートで早売21なら、東京~名古屋間で片道2,400円です。青春18きっぷの1日あたりより安いです。東京駅までJRで行くか、横浜市内の東名江田バス停から乗車します。

バスはしんどい、という方は新横浜~名古屋間を新幹線の「EX早特21」で利用しましょう。時間帯が合わない場合は、「ぷらっとこだま」で「こだま」号に乗りましょう。「こだま」は「のぞみ」に比べれば時間はかかりますが、それでも2時間40分でお手頃です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP