格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜大阪

東京〜大阪はこうすれば安く行ける!

東京〜大阪を安く行く方法を考えてみましょう。東京・大阪間には新幹線、飛行機、高速バス、在来線など、多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

東京〜大阪間の移動でもっともオーソドックスなのは新幹線です。ただし新幹線は割引きっぷがあまりありません。安さを求めるなら青春18きっぷが抜群です。ただし、学休期しか発売されていません。

格安航空会社LCCも選択肢としてありますが、成田空港と関西空港発着なのでやや不便です。高速バスは寝ていれば着くので意外と便利です。

まとめると、安さなら青春18きっぷか高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、ということになります。

東京~大阪の価格比較(通常期)
新幹線指定席(のぞみ) 14,720円
新幹線指定席(ひかり) 14,400円
新幹線自由席 13,870円
ぷらっとこだま 10,700円
JR普通列車 8,910円
東海道昼特急(高速バス) 3,900円~
青春ドリーム号(夜行バス) 3,500円~
広告

新幹線を利用する

東京〜大阪間は東海道新幹線が便利です。ただし、大幅な割引はほとんどありません。普通車指定席の正規価格は「のぞみ」14,720円、「ひかり」「こだま」が14,400円です。自由席なら13,870円です。「のぞみ」は「ひかり」に比べると指定席料金は高いですが、自由席料金は「ひかり」と同額。ですので、「のぞみ」の自由席がおトクです。東京~新大阪の新幹線では「自由席」を利用するのが安く行くコツです。

学生の場合は学割も活用しましょう。自由席で12,080円です。

金券ショップで指定席回数券のばら売りを購入する方法もあります。定価ベースでは回数券1枚あたり13,940円ですが、店により販売価格が異なります。「自由席」を正規料金で買うより高くなる場合もありますので要注意。

早朝など特定の時間帯なら「EX早特21」がいいでしょう。これは「スマートEX」というJRのインターネット予約サイトで販売されている格安チケットです。特定時間帯の「のぞみ号」を21日前までに予約することで、格安で新幹線を利用できます。11,200円です。

2人以上の旅なら「のぞみファミリー早特」が12,570円でおすすめです。土休日しか使えませんが、3日前までの予約で「のぞみ号」が割引になります。平日なら「こだまファミリー早特」があります。3日前までの予約で、「こだま号」に10,080円で乗れます。

1人で「こだま号」で、という人は、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま普通車プラン」という方法もあります。価格は10,700円と格安。利用できる列車が限られているなどの制約がありますが、新幹線を利用して東京〜大阪間を一人で移動するにはもっとも安い方法です。「ぷらっとこだま」はJR東海ツアーズでしか購入できません(駅の窓口では購入できません)。

新幹線に乗る場合、往復割引を使う方法もあります。ただ、東京~大阪間では適用されないので、東京発の場合、「朝霧駅までの往復割引」で購入します。朝霧は神戸の西のほうにある駅です。東京から朝霧は600キロ以上の距離があるので、運賃が往復割引(1割引)になり、片道あたりの値段で東京~大阪より100円安くなります。東京から大阪まででは往復割引になりませんが、朝霧までだと往復割引になり、東京〜大阪の往復より安くなるのです。大阪〜朝霧間は乗らなくても構いません。

大阪発の場合は、「成田までの往復割引」を購入すると良いでしょう。同様に運賃が片道100円安くなります。

LCCを利用する

東京〜大阪間を飛行機で移動する場合、なんといっても、格安航空会社LCCが安いです。就航しているのが東京は成田空港、大阪は関西空港で、ジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーションの2社があります。早い時期に予約すると、どちらも高速バスより安い価格でチケットが手に入ります。最低価格が手数料含めて4,000円程度。手に入れやすいのは7,000~8,000円程度の価格のチケットです。

しかし、東京都内~成田空港間と、大阪市内~関西空港のアクセスのお金は意外と高額。それぞれ1,000円程度はかかります。また、LCCは使いやすい時間帯に運行されていなかったりすることもあります。乗らなかったときのチケットキャンセルもできない場合が多いので、あまり使いやすいとはいえません。成田や関空に近い場所に行くなら便利かもしれません。

羽田発の飛行機を利用するなら、スカイマークの羽田〜神戸便か、スターフライヤーの羽田〜関西便が比較的お手頃な価格です。9,000円~11,000円程度で手に入れられます。

JALやANAでも、1ヶ月ほど前に予約する割引運賃を使えばお手頃な価格です。12,000円~14,000円程度です。

高速バス 

東京〜大阪には高速バスも多数走っています。高速バスは3列シートと4列シートがあります。4列は安いですが、狭いので、夜行の場合は寝るのが大変です。昼間のバスもありますし、そのほうがラクかもしれません。所要時間は8時間くらいです(時間帯によって変わります)。

代表的なのはJRバスの「東海道昼特急号」で、3列シートの片道運賃が4,900円~8,000円。変動制運賃の得割なら3,900円~7,500円です。4列シートの「青春昼特急号」は片道運賃が3,500円~7,000円で、得割が3,000円~6,500円です。最安値で買えることはあまりなく、実際は3列シートが5,000円台、4列シートが4,000円台なら安い方でしょう。

夜行バスなら「ドリーム号」が代表格です。いくつか種類がありますが、「グランドリーム号」なら3列シートで片道運賃が6,000円~11,000円。得割で5,800円~10,800円。4列シートの「青春ドリーム号」は片道運賃が4,000円~9,700円。得割で3,500円~9,200円です。こちらも3列シートが7,000円台、4列シートが5,000円台なら安い方です。

東京〜大阪には高速バスも多数走っています。高速バスは3列シートと4列シートがあります。夜行バスと昼行バスがあります。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車

東京〜京都をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。約8時間です。普通運賃は8,910円。学割なら7,120円です。この価格を払うなら、高速バスのほうが快適でしょう。

青春18きっぷなら、1日あたり2,410円で、東京~大阪間の移動にしては格安です。ただし、青春18きっぷは5日分セットの12,050円でしか発売されていません。金券ショップで1日分のみ3,000円くらいで買えることがあります。

東京~大阪間を安く行く方法まとめ

大阪

東京~大阪間をとにかく安く行きたい!という方は、高速バスのチケットを早めに買うことです。JRハイウェイバスの4列シートなら、片道4,000円くらいです。JR以外の格安バスなら3,000円台で手に入れることもできます。青春18きっぷのシーズンなら、1日あたり2,410円で、それが最安値でしょう。

バスや青春18はしんどい、という方は「ぷらっとこだま」で新幹線を利用しましょう。のぞみに比べれば時間はかかりますが、それでも約4時間で、価格は10,700円とややお手頃です。時間帯があえば「EX早特21」なら11,200円で「のぞみ」に乗れます。

それ以外で「のぞみ」がいい、という方は、自由席を利用すれば13,870円です。でも、高速バスの最安値の3~4倍です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP