格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 横浜発着 > 横浜〜神戸

横浜〜神戸はこうすれば安く行ける!

横浜(新横浜)〜神戸(新神戸)を安く行く方法を考えてみましょう。横浜・神戸間には新幹線、飛行機、高速バス、在来線など、多彩な交通機関があるので選択肢は豊富です。

横浜〜神戸間の移動でもっともオーソドックスなのは新幹線ですが、割引きっぷがあまりありません。安さを求めるなら青春18きっぷが抜群の価格です。ただし、学休期しか発売されていません。

飛行機なら羽田空港と神戸空港を結ぶスカイマークが便利でお手頃です。格安航空会社LCCも選択肢としてありますが、成田空港と関西空港発着なのでやや不便です。高速バスは格安ですし、寝ていれば着くので便利ですが、神戸発着は少ないので大阪発着便も健闘しましょう。

まとめると、安さなら青春18きっぷか高速バス、利便性とのバランスならスカイマークか新幹線、ということになります。

広告

新幹線を利用する

東海道・山陽新幹線は新横浜~新神戸を2時間半で結びます。便利ですが、激安チケットはありません。「のぞみ」を利用するなら、駅の窓口で「自由席特急券」を購入して自由席を利用するのがいいでしょう。

早朝など特定の時間帯なら「EX早特21」を使えば安く旅行できます。これは「スマートEX」というJRのインターネット予約サイトで販売されている格安チケットです。特定時間帯の「のぞみ号」を21日前までに予約することで、格安で新幹線を利用できます。

2人以上の旅なら「のぞみファミリー早特」もおすすめです。土休日しか使えませんが、3日前までの予約で「のぞみ号」が割引になります。

学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券部分がさらに2割引になります。

なお、ここでは「神戸(新神戸)」と表記していますが、三宮など神戸市内ならどの駅でも同じ価格で利用できます。新神戸で乗車・下車するチケットは、三宮から神戸や兵庫など、神戸市内の別の駅に行くときも使えます(スマートEXとエクスプレス予約は除く)。兵庫駅からJR神戸線に乗り三宮で降り、地下鉄で新神戸まで行き、そこから新幹線に乗る場合、新神戸発のきっぷで兵庫から乗車できます。逆も同じです。新神戸駅できっぷを渡さないように注意しましょう。

金券ショップで回数券のばら売りを買うという手もあります。金券ショップの回数券ばら売りの場合は、新横浜(横浜市内)〜新大阪(大阪市内)間のチケットが安いので、大阪市内〜神戸市内は阪急や阪神を使い、横浜市内〜大阪市内間のみ新幹線を使うと安くなることが多いです。

「こだま号」でもいい、という人は、東京〜新大阪間を、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま普通車プラン」を使うという方法もあります。利用できる列車が限られているなどの制約がありますが、新幹線を利用して新横浜〜新大阪間を移動するにはもっとも安い方法です。神戸市内〜新大阪までは別運賃がかかります。「ぷらっとこだま普通車プラン」はJR東海ツアーズでしか購入できません(駅の窓口では購入できません)。

スカイマークを利用する

横浜〜神戸間を飛行機で移動する場合、なんといっても、スカイマークの羽田〜神戸便が便利でお手頃な価格です。運航便数も多く、直前でも新幹線より安い価格のチケットもあるので、利用しやすいでしょう。JALやANAでも、1ヶ月ほど前に予約する割引運賃を使えばお手頃な価格です。

LCCを利用する

格安航空会社LCCは羽田空港や神戸空港には就航していませんので、利用するなら成田空港~関西空港発着になります。成田〜関西線を運航しているのはジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーションの2社です。早い時期に予約すると、どちらも高速バスより安い価格でチケットが手に入ります。ギリギリでも高速バスよりやや高い程度の価格でチケットが販売されています。

しかし、横浜から成田空港までや、神戸から関西空港までのアクセスのお金は高額です。LCCの激安チケットを入手しても、空港アクセス代を含めれば、スカイマークの方が安いことも。LCCは使いやすい時間帯に運航されていなかったりすることもありますし、横浜~神戸ではあまり使いやすいとはいえません。

高速バスを利用する

横浜〜神戸を走る高速バスは限られますが、横浜~大阪には多数走っています。ですので、高速バスを利用する場合は、大阪発着も調べましょう。高速バスは3列シートと4列シートがあり、夜行バスと昼行バスがあります。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。神戸発着のバスは大阪に寄る便が多いので、所要時間も確認しておきましょう。だいたい8~9時間くらいです。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車を利用する

横浜〜神戸をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。約8時間です。学割が使えれば、高速バスより安く移動できるかもしれません。また、青春18きっぷを使えるシーズンならそれが事実上の最安値です。

横浜~神戸間を安く行く方法まとめ

神戸

横浜~神戸間を安く行く場合、「横浜~大阪」と「大阪~神戸」を組み合わせたほうが安い場合が多いです。そのため、「横浜~大阪を安く行く方法」の項目も参考にしてください。

横浜~神戸間を直接移動する場合に、安く行く方法としては、高速バスのチケットを早めに買うことです。5,000円程度で見つかります。青春18きっぷのシーズンなら、1日あたり2,410円で移動できます。それが最安値でしょう。

バスや青春18はしんどい、という方はスカイマークの飛行機を利用しましょう。早めに買えば1万円以下でチケットが手に入ります。新幹線の場合は、時間帯があえば「EX早特21」なら手頃な価格で「のぞみ」に乗れます。

それ以外で「のぞみ」がいい、という方は、駅の窓口で自由席のきっぷを買うと、少し安く利用できます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP