格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 大阪発着 > 大阪〜白浜

大阪〜南紀白浜はこうすれば安く行ける!

大阪〜白浜(和歌山県)を安く行く方法をご紹介します。大阪〜白浜間の旅行には、JR特急「くろしお」、JR普通列車、高速バスなどの選択肢があります。速さなら特急「くろしお」ですし、手頃な価格なら高速バスです。JRの普通列車は時間がかかりますが、青春18きっぷのあるシーズンには格安で移動できます。

ここでは、大阪〜白浜を安く行く方法をご紹介しましょう。

大阪~白浜の価格比較
JR特急「くろしお」指定席 5,700円
JR特急「くろしお」格安チケット 4,480円
JR普通列車 3,080円
高速バス 3,000円
高速バス(往復割引) 2,790円
広告

JR特急「くろしお」を利用する

大阪〜白浜を速く移動するなら、JRの特急「くろしお」を利用するのが一番です。特急「くろしお」は、京都・新大阪・天王寺~白浜を結ぶ特急です。新大阪~白浜の所要時間は2時間半、正規価格は普通車指定席で片道5,700円です。天王寺~白浜だと5,370円と、少し安くなります。

特急くろしおの格安チケットとしては、「くろしお指定席きっぷ」があります。JR西日本のインターネット予約「e5489」で発売しているチケットで、乗車券と指定席特急券がセットになって新大阪~白浜間が片道4,480円、天王寺~白浜間が4,180円です。

また、同じく「e5489」で購入できる「チケットレス特急券」を使うと、特急券が200円引きとなります。

JRと宿泊セットのツアーを利用する

特急を格安で利用して大阪〜白浜を移動する方法として、旅行会社のツアーを使う方法もあります。特急「くろしお」を使ったツアーでは、「日本旅行」が「JR・新幹線+宿泊セットプラン」をだしていて、往復の特急「くろしお」に宿泊がついて1万7000円程度から設定があります。

白浜温泉の有名ホテルなども選択できますから、白浜の宿がまだ決まっていない方は、こうしたプランを使うと圧倒的に安くなります。

高速バスを利用する

大阪〜白浜間には、高速バスも運行されています。高速バスは、大阪〜白浜を3時間半程度で結びます。大阪〜白浜の高速バスの代表格は、西日本JRバスと明光バスの「白浜エクスプレス大阪号」です。 価格は片道3,000円、往復5,580円です。

バスは横4列の、標準的な観光バスタイプです。大阪~白浜の所要時間は3時間半程度です。

白浜エクスプレス大阪号の予約

そのほか、格安バスについては、「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

楽天トラベル高速バス予約

JRの普通列車を利用する

大阪〜白浜間を普通列車で旅する方法もあります。大阪・天王寺から「紀州路快速」に乗り和歌山へ。そこからきのくに線(紀勢本線)に乗り継いで白浜まで行くことができます。所要時間は4時間半程度です。

きのくに線は列車本数が少ないので、あらかじめ時刻表を確認してから旅行しましょう。運賃は3,080円です。

青春18きっぷを利用する

青春18きっぷのシーズンなら、青春18きっぷを金券ショップのばら売りで買えば、実質2,500円〜3,000円で移動することができます。

青春18きっぷ5枚セットを使い切れるなら、片道あたり2,410円となり、これが大阪〜白浜を移動する最安値になるでしょう。

所要時間は上述のとおり4時間半ほどです。

大阪~白浜間を安く行く方法まとめ

白浜アドベンチャーワールド

大阪~白浜間の移動で、安さににこだわるなら、高速バスの往復割引でしょう。片道あたり2,790円で移動できます。鉄道がお好みなら「くろしお指定席きっぷ」なら4,480円(新大阪発着)で格安です。大阪市内からの鉄道利用の場合、天王寺駅を利用すると、新大阪駅発着よりも少し安くなります。

所要時間は、バスは片道3時間半程度、JR特急「くろしお」が2時間半程度で、JRのほうが速いです。

春休み、夏休み、冬休みといった学休期なら、青春18きっぷの利用もいいでしょう。1回あたり2,410円は格安ですし、大阪~白浜程度の距離なら、普通列車の旅も悪くありません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP