格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 新幹線 > つばさ

「つばさ」に格安で乗る情報まとめ

山形新幹線の「つばさ」号は、東京〜山形・新庄間を走る新幹線列車です。東京〜福島間は東北新幹線の「やまびこ」と併結し、福島〜山形〜新庄間は「ミニ新幹線」の山形新幹線を走行します。

山形新幹線にはライバルとなる交通機関が少なく、そのためか割引きっぷや格安チケットは多くありません。

ここでは、「つばさ」号に少しでも安く乗るための方法を解説していきます。

広告

新幹線回数券ばら売り(金券店チケット)

「つばさ」号に乗るときに、もっとも簡単な格安チケットが、新幹線回数券のばら売りです。ただし、設定区間は東京〜山形のみです。途中駅間の設定はありません。

回数券のばら売りは金券ショップで購入できます。店により違いがありますが、5〜7%程度安くなります。チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車できます。6枚綴りなので、3人で往復利用する場合は、駅の窓口で購入すれば金券ショップより安く買えることもあります。ゴールデンウィーク、盆、年末年始には使えない時期があります。

えきねっとトクだ値

JR東日本のウェブサイト「えきねっと」の会員限定のチケットです。えきねっとは誰でも無料で会員になれます。「えきねっとトクだ値」は、片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっています。

東京発着で山形新幹線の多くの駅に設定がありますが、「つばさ」の場合はだいたい10〜15%程度の割引率に設定されています。価格は時期により多少変わります。予約は乗車日当日の午前1:40までです。列車・席数は限定です。予約・購入にクレジットカードが必要です。

お先にトクだ値

「えきねっとトクだ値」よりさらに割引率の高いチケットが「お先にトクだ値」です。基本ルールは「えきねっと」と同じですが、「お先にトクだ値」は、13日前にまでに購入しなければなりません。「つばさ」の場合は30〜35%割引になっています。「つばさ」にもっとも安く乗れるのが「お先にトクだ値」ということになります。ただし、席数はかなり少ないので、早めに予約しないと売り切れます。

「つばさ号」の格安チケット、割引きっぷまとめ

E4系つばさ

割引率が高いのは「お先にトクだ値」です。設定区間は東京・上野・大宮発着のみで、座席数も限られていますが、「つばさ」号のチケットとしては破格です。「トクだ値」はそれほど安くありませんが、設定座席が多いので予約は取りやすいです。

手軽なのは金券ショップの指定席回数券ばら売りです。東京~山形なら、これが簡単でお手頃です。

そのほか、東京エリアから乗車する場合、上野駅を利用すれば、東京駅を利用するより特急料金が210円安くなります。上野東京ライン・湘南新宿ラインや埼京線を使って大宮駅から「つばさ」に乗車すれば、さらに安くなります。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP