格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 新幹線 > はくたか

「はくたか」に格安で乗る情報まとめ

北陸新幹線の「はくたか」号は、東京〜金沢間を走る新幹線列車です。北陸新幹線の通過タイプの列車です。「かがやき」号に比べると停車駅は多いですが、自由席の設定もあり使いやすい列車です。割引きっぷや格安チケットは、インターネットで販売されているものが主体です。

ここでは、「はくたか」号に少しでも安く乗るための方法を解説していきます。

広告

新幹線回数券ばら売り(金券店チケット)

「はくたか」号で東京・大宮〜長野間に乗るときに、もっとも簡単な格安チケットが、新幹線回数券のばら売りです。設定区間は東京〜軽井沢・佐久平・上田・長野と大宮〜長野です。その他の駅間の設定はありません。東京・大宮〜富山・金沢には回数券の設定はありません。

回数券のばら売りは金券ショップで購入できます。店により違いがありますが、5〜7%程度安くなります。チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車でき、利便性があります。

6枚綴りなので、3人で往復利用する場合は、金券ショップに行かずとも駅の窓口で購入できます。ゴールデンウィーク、盆、年末年始には使えない時期があります。

えきねっとトクだ値

JR東日本のウェブサイト「えきねっと」の会員限定のチケットです。えきねっとは誰でも無料で会員になれます。「えきねっとトクだ値」は、片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっています。

北陸新幹線のJR東日本エリアを発着地とする多くの駅間に設定がありますが、「はくたか」の場合はだいたい10%程度の割引率に設定されています。価格は時期により多少変わります。予約は乗車日当日の午前1:40までです。列車・席数は限定です。予約・購入にクレジットカードが必要です。

JR東日本「えきねっと」

お先にトクだ値

「えきねっとトクだ値」よりさらに割引率の高いチケットが「お先にトクだ値」です。基本ルールは「えきねっと」と同じですが、「お先にトクだ値」は、13日前にまでに購入しなければなりません。ただし、席数はかなり少ないので、早めに予約しないと買いそびれます。

モバトク

JR東日本の「モバイルSuica」で利用できる特急券で、正確には「モバイルSuica特急券」といいます。「モバイルSuica」の会員限定で、クレジットカードの登録が必要です。

割引率は区間により異なりますが数%安い程度です。駅での販売はありません。東京~長野、富山、金沢間には、さらに安い「スーパーモバトク」もあります。

WEB早特1

JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」のJ-WESTネット会員限定のチケットです。J-WESTネット会員は誰でも無料で会員になれます。「WEB早特1」は、片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっています。

北陸新幹線の北陸〜首都圏に設定がありますが、「はくたか」の場合はだいたい10%程度の割引率に設定されています。価格は時期により多少変わります。

予約は乗車日当日の午前1:40までです。列車・席数は限定です。予約・購入にクレジットカードが必要です。

E7系はくたか

首都圏週末フリー乗車券

長野県の各都市から東京方面への割引きっぷです。往復の普通列車の乗車券と、東京エリアでのJR線乗り降り自由のチケットが付いています。

乗車券部分のみの大人の割引率は10〜15%程度で、特急料金を定価で買うと、全体で5~7%程度引きくらいになります。ただ、発地によっては子供の割引料金が激安なので、子供連れには向いています。

週末のみ有効で、前日までの販売です。特急券は別に買う必要があります。

「はくたか」号の格安チケット、割引きっぷまとめ

「はくたか」号の格安チケットで、割引率が高いのは「お先にトクだ値」です。設定区間は限定されていますし、席数も限られていますが、「はくたか」のチケットとしては破格です。「トクだ値」も破格とまではいえませんが、手に入れやすく手頃な価格です。

手軽なのは金券ショップの指定席回数券ばら売りです。東京~軽井沢、上田、長野といった区間なら、これが簡単でお手頃です。

そのほか、東京エリアから乗車する場合、上野駅を利用すれば、東京駅を利用するより特急料金が210円安くなります。上野東京ライン・湘南新宿ラインや埼京線を使って大宮駅から「はくたか」号に乗車すれば、さらに安くなります。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP