格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 横浜発着 > 横浜〜札幌

横浜〜札幌はこうすれば安く行ける!

横浜〜札幌を安く行く方法を考えてみましょう。横浜・札幌間は飛行機での移動がオーソドックスですが、JRでも行けますし、フェリーという手もあります。多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

飛行機は運行している航空会社も多く、格安チケットも数多くあり、なかでもLCCは破格です。一方、JRは時間がかかりますが、新幹線を使えば1日で着きますし、定価が安く、割引きっぷも設定されています。もっと安さを求めるなら青春18きっぷが有名ですが、横浜〜札幌ではちょっと利用しづらいですし、学休期しか発売されていません。高速バスはこの区間は運行されていませんが、フェリーと組み合わせるとお得な旅ができます。

まとめると、安さならLCC、利便性なら大手航空会社の格安チケット、旅好きならJRの新幹線+特急か、高速バス+フェリーということになるでしょう。

広告

LCCを利用する

飛行機で安さをきわめるなら、なんといっても格安航空会社LCCが破格です。就航しているのはジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーション、春秋航空日本で、成田空港〜新千歳空港に発着しています。LCCの価格は安く、早い時期に予約すると、数千円でチケットが手に入りますし、直前でも1万円台で買えることが多いです。

しかし、横浜〜成田空港間は遠いのが難点。空港へのアクセスにお金も時間もかかります。また、LCCは使いやすい時間帯に運航されていなかったりすることもあります。横浜を出発地や目的地とする場合、成田空港発着のLCCはあまりおすすめしません。

スカイマーク、エアドゥを利用する

横浜〜札幌間を飛行機で移動する場合、利用する空港は羽田空港が便利でしょう。羽田空港~新千歳空港なら、スカイマークとエアドゥが安いです。1万~2万円程度のチケットを探すことは難しくありません。

LCCに比べると少し高いですが、手荷物料金や座席指定料金不要です。横浜~羽田空港の電車賃も安いです。節約旅行をするのなら、この両社を使うのがいいでしょう。

大手航空会社の割引運賃を利用する

羽田空港〜新千歳空港は、航空会社間の競合も激しいので大手航空会社が割引率の高い格安航空券を販売しています。JALやANAでも、1ヶ月ほど前までに予約する割引運賃を使えば1万円台でチケットが手に入ります。JALなら「先得」、ANAなら「バリュー」が代表的な割引運賃です。

JALやANAの場合、出発日が近づくにつれて、運賃は急激に高くなっていきます。前日なら3万円くらいすることも珍しくないので、大手航空会社を利用したい場合は、早めにチケットを購入しておきましょう。

ホテルパックのツアーを使う

往復の航空チケットのホテルの代金がセットになったツアーを「ホテルパック」といいます。ホテルパックのツアーは安いものが多く、単純に往復の航空券を普通運賃で買うより、ホテル付きのパックのほうが安いことがあるくらいです。もし、ホテルは泊まる必要が無い場合は、当日宿泊キャンセルの旨を電話で伝えればすみます。価格は時期により大きく変動しますが、通常期なら3万円〜5万円程度で探せます。

ホテルパックは10日前までの予約が可能です。10日前を切っても予約できるプランもありますが、格安ではありません。

広告

JR 新幹線、特急を利用する

横浜〜札幌間は新幹線でつながっていませんが、東京~新函館北斗~札幌と、新幹線と特急を乗り継いでJRで移動することができます。とはいえ、移動は丸1日がかりで疲れます。価格は定価で片道27,760円です。往復割引を使うと、片道あたり26,270円になり、少し安くなります。

青春18きっぷで行く

青春18きっぷを使えば、1日あたり2,410円でJR線が乗り放題。じゃあ、青春18きっぷで北海道へ!という考えもありますが、実際は困難です。東北・北海道方面は、JR線が盛岡〜青森間で第三セクター路線に移管されてしまったりしてしますので、その区間では青春18きっぷは使えません。

青春18きっぷで北海道に行く方法がないわけではありませんが、とても大回りになり、現実的ではありません。

青春18きっぷ

北海道&東日本パスで行く

「北海道&東日本パス」は、JR北海道とJR東日本の普通列車が乗り放題。一部の第三セクター路線や、急行列車にも乗車可能で、7日間11,330円。東北、北海道方面への利便性の高いきっぷです。別料金を支払えば、新青森~新函館北斗間のみ新幹線も乗車できます。

ただ、横浜~札幌間を1日で着くことはできません。途中で宿泊が必要となり、利便性がいいとはいえません。

北海道&東日本パス

フェリー+バスで行く

船とバスで北海道へ行くこともできます。現在、商船三井フェリー「さんふらわあ」が茨城県の大洗港と北海道の苫小牧港を結んでいます。東京〜大洗と苫小牧〜北海道の高速バスを含めたセットのチケット(パシフィックストーリー)も発売されていて、東京〜札幌をおおむね片道10,000円程度で旅行できます。東京〜横浜は別運賃です。

横浜~札幌間を安く行く方法まとめ

札幌時計台

横浜~札幌間を安く行く場合、成田発着のジェットスター、ピーチ、春秋航空日本と、羽田発着のスカイマーク、エアドゥの価格を比較するのがポイントです。横浜~成田空港と、横浜~羽田空港では、かかるお金と時間が違います。その差と、成田発着のLCCとの価格差を勘案して利用する航空会社を決めるといいでしょう。

飛行機以外の交通機関は、横浜~札幌間では現実的ではありません。趣味の領域として考えるのはいいですが、移動手段としては飛行機一択でしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP