格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜神戸

東京〜神戸はこうすれば安く行ける!

東京〜神戸(新神戸)を安く行く方法を考えてみましょう。東京・神戸間には新幹線、飛行機、高速バス、在来線など、多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

東京〜神戸間の移動でもっともオーソドックスなのは新幹線ですが、割引きっぷはあまりありません。安さを求めるなら青春18きっぷが抜群の価格です。ただし、学休期しか発売されていません。

神戸空港にはスカイマークが多数の便を飛ばしていて、価格も手ごろです。格安航空会社LCCも選択肢としてありますが、成田空港と関西空港発着なのでやや不便です。高速バスは寝ていれば着くので便利ですが、神戸発着の路線は多くありません。

まとめると、安さなら青春18きっぷか高速バス、利便性とのバランスならスカイマークか新幹線、ということになります。

東京~神戸の価格比較(通常期)
新幹線指定席(のぞみ) 15,380円
新幹線指定席(ひかり) 14,950円
新幹線自由席 14,420円
スカイマーク 約7,000円~
JR普通列車 9,460円
高速バス 5,900円~
広告

新幹線を利用する

東海道・山陽新幹線には大幅な割引はほとんどありません。東京~新神戸の正規価格は「のぞみ」指定席が15,380円、「ひかり」指定席が14,950円です。自由席は「のぞみ」「ひかり」とも14,420円です。したがって「のぞみ」を利用するなら自由席にすれば、それだけで6%も安くいけます。「のぞみ」は「ひかり」に比べると指定席料金は高いですが、自由席料金は「ひかり」と同額ですので、「のぞみ」の自由席はおトクなのです。

新幹線に乗るには、新幹線の自由席特急券のほかに、乗車券が必要です。この乗車券の購入方法には裏技があります。

東京発の場合は「朝霧駅までの往復割引」で購入します。朝霧は神戸の西にある駅です。東京から朝霧は600キロ以上の距離があるので、往復割引(1割引)になります。片道乗車券は9,790円ですが、往復割引なら片道あたり8,810円となります。東京~神戸(新神戸)の乗車券は9,460円なので、それより片道650円も安くなります。自由席特急券とあわせて13,770円です。東京から神戸(新神戸)まででは往復割引になりませんが、朝霧までだと往復割引になり、東京〜神戸(新神戸)の往復より安くなるのです。神戸(新神戸)〜朝霧間は乗らなくても構いません。

神戸(新神戸)発の場合は、「市川までの往復割引」を購入すると良いでしょう。同様に1割引になります。

インターネットの割引きっぷを使う方法もあります。早朝など特定の時間帯なら「EX早特21」が使えます。11,610円です。これは「スマートEX」というJRのインターネット予約サイトで販売されている格安チケットです。特定時間帯の「のぞみ号」を21日前までに予約することで、格安で新幹線を利用できます。

2人以上の旅なら「のぞみファミリー早特」もおすすめです。土休日しか使えませんが、3日前までの予約で「のぞみ号」が割引になります。12,830円です。

学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券部分がさらに2割引になり、特急券とあわせて新幹線自由席が13,480円となります。

なお、ここでは「神戸(新神戸)」と表記していますが、三宮など神戸市内ならどの駅でも同じです(インターネット専用きっぷ除く)。新神戸で乗車・下車するチケットは、三宮から神戸や兵庫など、神戸市内の別の駅に行くときも使えます。兵庫駅からJR神戸線に乗り三宮で降り、地下鉄で新神戸まで行き、そこから新幹線に乗る場合、新神戸発のきっぷで兵庫から乗車できます。逆も同じです。

金券ショップで回数券のばら売りも検討しましょう。ただ、金券ショップよりも、上記の往復割引のほうが安くなるケースが多いです。金券ショップの回数券ばら売りの場合は、東京〜大阪間のチケットが安いので、大阪市内〜神戸市内は阪急や阪神を使い、東京〜大阪間のみ新幹線を使うと安くなることが多いです。

「こだま号」でもいい、という人は、東京〜新大阪間を、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま普通車プラン」(10,700円)を使うという方法もあります。利用できる列車が限られているなどの制約がありますが、新幹線を利用して東京〜新大阪間を移動するにはもっとも安い方法です。神戸市内〜新大阪までは別運賃がかかります。「ぷらっとこだま普通車プラン」はJR東海ツアーズでしか購入できません(駅の窓口では購入できません)。

スカイマークを利用する

東京〜神戸間を飛行機で移動する場合、なんといっても、スカイマークの羽田〜神戸便が便利でお手頃な価格です。時期にもよりますが最低価格は6,000円台からあり、出発日の少し前に買えば10,000円程度のチケットが容易に見つかります。普通運賃でも15,000円程度です。

JALやANAでも、1ヶ月ほど前に予約する割引運賃を使えばお手頃な価格です。

LCCを利用する

格安航空会社LCCは神戸空港には就航していませんので、利用するなら関西空港発着になります。東京は成田空港発着です。成田~関西間にはジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーションの2社が就航しています。早い時期に予約すると、どちらも高速バスより安い価格でチケットが手に入ります。最低価格が手数料含めて4,000円程度。手に入れやすいのは7,000~8,000円程度の価格のチケットです。

しかし、東京都内~成田空港間と、神戸市内~関西空港のアクセスのお金は意外と高額。あわせれば3,000円近くになるでしょう。また、LCCは使いやすい時間帯に運行されていなかったりすることもあります。乗らなかったときのチケットキャンセルもできない場合が多いので、使いやすいとはいえません。羽田~神戸線のスカイマークのほうがよいでしょう。

高速バス 

東京〜大阪には高速バスが多数走っていますが、東京~神戸間はそれほど多くありません。ですので、安さにこだわるなら、東京~大阪間の高速バスを利用し、大阪~神戸は電車にしたほうがいいでしょう。東京~大阪間のバスは、「青春ドリーム号」で4,000円程度~です。ただし4列シートです。

東京~神戸の高速バスとしては、京王バス・神姫バスの「プリンセスロード」(3列シート)があり、新宿・渋谷~神戸三宮、加古川駅、姫路駅を結んでいます。新宿・渋谷~神戸三宮の片道が7,800円~10,900円で、早5なら5,900円~8,300円です。渋谷~三宮間が7時間40分です。そのほか、格安バスもあります。「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車

東京〜神戸をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。片道9,460円で、約9時間です。学割が使えれば片道7,560円です。ピーク時には高速バスより安く移動できますが、閑散期なら高速バスのほうが安いでしょう。また、青春18きっぷを使えるシーズンなら1回あたり2,410円で、それが事実上の最安値です。

東京~神戸間を安く行く方法まとめ

神戸

東京~神戸間を安く行く場合、「東京~大阪」と「大阪~神戸」を組み合わせたほうが安い場合が多いです。そのため、「東京~大阪を安く行く方法」の項目も参考にしてください。

東京~神戸間を直接移動する場合に、安く行く方法としては、高速バスのチケットを早めに買うことです。5,000円程度で見つかります。青春18きっぷのシーズンなら、1日あたり2,410円で移動できます。それが最安値でしょう。

バスや青春18はしんどい、という方はスカイマークの飛行機を利用しましょう。早めに買えば1万円以下でチケットが手に入ります。新幹線の場合は、時間帯があえば「EX早特21」なら11,200円で「のぞみ」に乗れます。

それ以外で「のぞみ」がいい、という方は、自由席を利用すれば14,420円です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP