格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 私鉄 > 西武ラビュー・レッドアロー

西武ラビュー・レッドアローに格安で乗る方法まとめ

池袋、西武新宿から秩父や飯能、川越へ一直線の西武ラビューと西武レッドアロー。西武方面への小旅行や通勤に便利です。

池袋~西武秩父を結ぶ特急が「ちちぶ」、池袋~飯能間が特急「むさし」、西武新宿~本川越間が特急「小江戸」です。野球開催時には池袋~西武球場前間に特急「ドーム」も運転されます。

西武特急ラビュー・レッドアローに安く乗る方法をご紹介しましょう。

広告

「西武ラビュー」「西武レッドアロー」の運賃・料金

最初に、西武特急の値段をおさらいしておきましょう。通常価格は以下の通りです。

「西武ラビュー・レッドアロー」の運賃・料金(大人)
区間 大人
池袋~所沢 750円
池袋~西武秩父 1,500円
西武新宿~所沢 780円
西武新宿~本川越 1,010円

西武ラビュー・レッドアローで池袋から西武秩父へ行く場合、正規料金は乗車券790円+特急券710円の片道1,500円です。事前に特急券を購入しないで特急に乗車した場合、車内料金として200円追加となります。

この価格を見て、「少しでも安くなる方法はないか」と考えてしまう人も多いでしょう。ここでは、池袋~西武秩父を主な例に取り、西武ラビュー・レッドアローに安く乗る方法を考えてみます。なお、それ以外の区間でも安く乗る方法はほぼ同じですので、参考にして下さい。

とはいっても、西武ラビュー・レッドアローのみの割引きっぷはありません。往復割引もありません。ですから、西武線の駅窓口で買えるのは、正規運賃のチケットだけです。

車両タイプによる料金の違いは?

西武特急には001系「ラビュー」と10000系「ニューレッドアロー」という2種類の車両があります。また、列車の愛称として池袋線に「ちちぶ」「むさし」「ドーム」があり、新宿線に「小江戸」があります。

これらの車両ラインナップの違いによる料金体系の違いはありません。乗車距離に比例して特急料金が決められています。

西武ラビュー

株主優待券を利用する

西武レッドアローに安く乗る方法には、西武鉄道の株主優待乗車証(株主優待券)を手に入れる方法があります。株主優待券は西武鉄道全線に乗車できますので、これ1枚で池袋から西武秩父まで乗車できます。

西武鉄道の株主優待券は、西武鉄道の株主に配布されます。株主でない方は、金券ショップかヤフオクなどで手に入れましょう。金券店での相場は500円程度です。

株主優待券だけでは特急に乗れず、別途特急券が必要です。池袋~西武秩父の場合、特急料金は710円です。株主優待券を500円で入手できた場合、特急券とあわせて1,210円で池袋~西武秩父間の西武ラビュー・レッドアローに乗車できます。正規運賃・料金の値段は1,500円ですので、290円お得になります。

株主優待券は西武線のどの区間でも使えますが、金券ショップで購入すると500円くらいするので、たとえば池袋~所沢間の利用では元が取れません。

「秩父フリーきっぷ」「秩父漫遊きっぷ」を利用する

ここまでは西武レッドアローに乗る場合だけを考えて安く乗る方法を検討してきましたが、さらに秩父や長瀞を観光するのなら、別の方法もあります。それは「秩父フリーきっぷ」「秩父漫遊きっぷ」を利用することです。

秩父フリーきっぷは、西武線各駅から芦ヶ久保駅までの往復乗車券と、芦ヶ久保〜西武秩父間と秩父鉄道(三峰口〜野上間)のフリーきっぷをセットにしたチケットです。

池袋からの価格は2日間有効で2,350円です。ただし、特急券は別途購入する必要がありますので、ラビュー・レッドアローを利用する場合、正規料金で片道710円が追加で必要です。往復で運賃・特急券あわせて3,770円。片道あたり1,885円で、池袋~西武秩父の正規料金1,500円よりも高くなります。

秩父漫遊きっぷは、西武線発駅から西武秩父駅までの往復乗車券と、西武秩父駅前温泉 祭の湯、バス、レンタカーの中から選んで(6つの中から1つ)利用できる「漫遊まる得クーポン券」がセットになったチケットです。池袋からの価格は2日間有効で、往復2,230円。秩父フリーきっぷより安価ですが、単純往復では元が取れないのは同じです。

秩父・長瀞内の周遊をしたり、駅前温泉に入ったりするならお得なきっぷですが、ラビューやレッドアローに乗るだけなら、価格面で元を取ることはできません。

「川越アクセスきっぷ」を利用する

西武特急「小江戸」で新宿~本川越間を利用するなら「川越アクセスきっぷ」がおトクです。西武新宿駅・高田馬場駅から本川越駅までの往復乗車券と往復特急券がセットになったシンプルなチケットで、価格は1,500円。正規価格に比べて約25%引きです。

川越エリアでバスに乗るなら、小江戸巡回バスのフリーきっぷが付いている「小江戸・川越フリークーポン」という手もあります。特急券別で、西武新宿発で1,280円です。

西武特急「ラビュー・レッドアロー」の格安チケット、割引きっぷまとめ

西武特急ラビュー・レッドアローの格安チケットは、あまり多くありません。西武秩父へ行くなら西武鉄道の株主優待券を入手するのが基本で、「小江戸」に乗るなら「川越アクセスきっぷ」を検討するといいでしょう。

秩父エリアや川越エリアで観光するなら「秩父フリーきっぷ」「秩父漫遊きっぷ」「小江戸・川越フリークーポン」を検討するといいでしょう。途中駅からの設定もあります。

池袋~所沢や、西武新宿・高田馬場~所沢といった区間では、残念ながら格安チケットはありません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告

↑ PAGE TOP