格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 横浜発着 > 横浜〜北九州

横浜〜北九州はこうすれば安く行ける!

横浜〜北九州を安く行く方法を考えてみましょう。横浜・北九州間には新幹線、飛行機、高速バスなど、多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

横浜〜北九州間の移動でもっともオーソドックスなのは飛行機です。羽田〜北九州空港間にはスターフライヤーが飛んでいて、割安なチケットもあります。大手航空会社も羽田〜北九州路線は比較的割引運賃が豊富です。

一方、新幹線の新横浜〜小倉にもお得な割引きっぷがあります。安さを求めるなら青春18きっぷが抜群ですが、ムーンライトながらを使わないと、横浜から1枚ではたどり着けません。

少し離れますが、成田空港、福岡空港を使えば、格安航空会社LCCも利用できます。成田〜福岡間にはジェットスターが飛んでいます。また、羽田からはスカイマークも福岡路線を開設しています。

また、高速バスは時間がかかりますが、値段はお手頃です。

まとめると、安さならLCCか高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、速さなら飛行機、ということになります。

広告

新幹線を利用する

北九州(小倉)から横浜に行く場合、東海道・山陽新幹線の割引きっぷが設定されています。代表的なのが「のぞみ早特往復きっぷ」で、小倉から、東京・横浜を往復する場合に20%程度安くなります。「のぞみ号」が利用できます。乗車日の21日前〜1週間前まで発売されます。

このきっぷが大変お得なのですが、残念ながら東京、横浜発はありません。小倉から横浜を往復するときだけ使えます。

横浜から小倉へ新幹線で行くときは、金券ショップで指定席回数券を購入するのが一般的です。しかし、それより安い方法もあります。

それは「自由席」を利用する方法です。「のぞみ」は「ひかり」に比べると指定席料金は高いですが、自由席料金は「ひかり」と同額。ですので、「のぞみ」の自由席はおトクなのです。

新幹線に乗るときは、自由席特急券のほかに、乗車券が必要です。この乗車券の購入方法に裏技があります。横浜市内〜北九州市内の「往復割引」で購入するのです。横浜市内から北九州市内は600キロ以上の距離があるので、往復割引(1割引)になります。

「往復きっぷの乗車券」+「自由席」のテクニックを使うと、金券ショップで回数券のばら売りを買うより安くなる場合が多いでしょう。もちろん学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券部分がさらに2割引になります。

LCCを利用する

横浜〜北九州間を飛行機で移動する場合、まず思いつくのはスターフライヤーです。スターフライヤーはLCCではありませんが、大手航空会社に比べて割安な運賃を設定します。羽田・北九州間に路線がありますので、横浜の利便性も高いです。

本格的格安航空会社LCCは北九州空港には就航していませんが、少し離れた福岡空港には豊富にあります。安さなら成田〜福岡のジェットスターやピーチアビエーションです。羽田〜福岡のスカイマークはやや高くなりますが、羽田発の利便性は捨てがたい物があります。

大手航空会社を利用する

羽田〜北九州空港は、大手航空会社も割引率の高い格安航空券を販売しています。とくに「旅割」「先得」などの早期割引運賃はお得です。

高速バスを利用する

横浜〜北九州は高速バスで行くこともできますが、路線が限られます。「東京〜北九州」の路線も考慮にいれて選びましょう。高速バスは3列シートと4列シートがあります。

東京〜北九州はでもっともポピュラーなのは西鉄バスと京王バスの「はかた号」です。「はかた号」は横浜には立ち寄りません。そのほか、格安バス会社も少ないですが運行しています。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

夜行バスは寝ている間に着きますのでラクですが、4列シートだと狭いので寝づらいかもしれません。所要時間は13時間くらいです(時間帯によって変わります)。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車を利用する

横浜〜小倉をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。ただし、横浜を始発電車で出ても、その日のうちに普通列車で小倉までたどり着くことはできません。途中の一部区間で新幹線を使うか、横浜を夜行列車「ムーンライトながら」で出るしかありません。

学割が使えれば、高速バスより安く移動できるかもしれません。また、青春18きっぷを使えるシーズンならそれが事実上の最安値です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP