格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 横浜発着 > 横浜〜福岡

横浜〜福岡はこうすれば安く行ける!

横浜〜福岡を安く行く方法を考えてみましょう。横浜・福岡間には新幹線、飛行機、高速バス、在来線など、多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

横浜〜福岡間の移動でもっともオーソドックスなのは飛行機です。運行本数も会社数も多く、格安チケットも数多くあり、LCCも飛んでいます。一方、新幹線は定価が安く、割引きっぷも設定されています。安さを求めるなら青春18きっぷという手もありますが、ちょっと距離が遠すぎますし、学休期しか発売されていません。高速バスでも遠い距離ですが、寝ていれば着くので意外と便利です。

まとめると、安さならLCC、利便性なら大手航空会社の格安チケット、ということになるでしょう。

広告

新幹線を利用する

横浜~福岡(博多)間は、東海道・山陽新幹線の割引きっぷが設定されています。インターネット予約サービス「スマートEX」の「EX早特」がいいでしょう。列車、座席数限定ですが、乗車日の3日前まで発売されているお得なチケットです。「スマートEX」には無料で会員登録ができます。

金券ショップで指定席回数券を購入するのも一般的です。スマートEXの会員登録が面倒な人は、そちらの方がいいかもしれません。

新幹線の「自由席」を利用する方法も以外とお得です。「のぞみ」は「ひかり」に比べると指定席料金は高いですが、自由席料金は「ひかり」と同額。ですので、「のぞみ」の自由席はおトクなのです。

新幹線に乗るときは、自由席特急券のほかに、乗車券が必要です。この乗車券の購入方法に裏技があります。横浜市内〜福岡市内の「往復割引」で購入するのです。横浜市内~福岡市内は600キロ以上の距離があるので、往復割引(1割引)になります。

「往復きっぷの乗車券」+「自由席」のテクニックを使うと、金券ショップで回数券のばら売りを買うより安くなる場合が多いでしょう。もちろん学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券部分がさらに2割引になります。

横浜~福岡間では、新幹線は飛行機に比べて定価が安いので、割引きっぷを使わなくてもそれなりに手頃な値段です。

LCCを利用する

横浜〜福岡間を飛行機で移動する場合、なんといっても、格安航空会社LCCが安いです。就航しているのはジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーションで、首都圏は成田空港の発着です。早い時期に予約すると、高速バスより安い価格でチケットが手に入ります。時期によりますが、ギリギリでも高速バスよりやや高い程度の価格でチケットが残っていることもあります。

しかし、横浜から成田空港までのアクセスのお金は意外と高額。また、LCCは使いやすい時間帯に運航されていなかったりすることもあります。乗らなかったときのチケットキャンセルもできない場合が多いので、あまり使いやすいとはいえません。

横浜はやっぱり羽田空港が便利です。羽田発の飛行機を利用するなら、スカイマークの羽田〜福岡便が比較的お手頃な価格。スカイマークはLCCではありませんが、それに近い格安チケットを販売しています。そのほか、新興航空会社としてスターフライヤーも安いチケットをギリギリまで買うことができます。

大手航空会社の飛行機を利用する

羽田〜福岡は、航空会社間の競合も激しいので大手航空会社も割引率の高い格安航空券を販売しています。JALやANAでも、1ヶ月ほど前に予約する割引運賃を使えばお手頃な価格です。とくに「旅割」「先得」などの超早期割引運賃はお得です。また、前日でも比較的お手頃な運賃が用意されています。

高速バスを利用する

横浜〜福岡は高速バスで行くこともできます。高速バスは3列シートと4列シートがあります。いったん東京へ出て東京発着の西鉄バス「はかた号」を使いましょう。夜行バスは寝ている間に着きますのでラクですが、横浜〜福岡となると、4列シートだと狭いので寝づらいかもしれません。所要時間は14時間半くらいです。

そのほか、格安バス会社も少ないです社運行しています。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車を利用する

横浜〜福岡をJRの東海道・山陽・鹿児島本線の普通列車で旅する方法もあります。ただし、早朝に出発しても当日中にたどり着くことはできません。横浜を夜行列車の「ムーンライトながら」で出れば、その日の夜になんとか博多にたどり着ける程度です。したがって、夜行を使わないなら途中に新幹線を挟むなどしたほうがいいでしょう。

青春18きっぷを使えるシーズンなら、途中一部区間で新幹線を利用しても格安で移動できるでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP