格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜大阪

東京〜大阪はこうすれば安く行ける!

東京〜大阪を安く行く方法を考えてみましょう。東京・大阪間には新幹線、飛行機、高速バス、在来線など、多彩な交通機関があるので、選択肢は豊富です。

東京〜大阪間の移動でもっともオーソドックスなのは新幹線です。ただし新幹線は割引きっぷがあまりありません。安さを求めるなら青春18きっぷが抜群です。ただし、学休期しか発売されていません。

格安航空会社LCCも選択肢としてありますが、成田空港と関西空港発着なのでやや不便です。高速バスは寝ていれば着くので意外と便利です。

まとめると、安さなら青春18きっぷか高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、ということになります。

広告

新幹線を利用する

東海道新幹線には大幅な割引はほとんどありません。基本的には「自由席」を利用するのが安く行くコツです。「のぞみ」は「ひかり」に比べると指定席料金は高いですが、自由席料金は「ひかり」と同額。ですので、「のぞみ」の自由席はおトクなのです。

新幹線に乗るには、新幹線の自由席特急券のほかに、乗車券が必要です。この乗車券の購入方法には裏技があります。

東京発の場合は「朝霧駅までの往復割引」で購入します。朝霧は神戸の西のほうにある駅です。東京から朝霧は600キロ以上の距離があるので、往復割引(1割引)になります。東京から大阪まででは往復割引になりませんが、朝霧までだと往復割引になり、東京〜大阪の往復より安くなるのです。大阪〜朝霧間は乗らなくても構いません。

大阪発の場合は、「成田までの往復割引」を購入すると良いでしょう。同様に1割引になります。

こうしたテクニックを使うと、金券ショップで回数券のばら売りを買うより安くなる場合が多いでしょう。もちろん学生の場合は学割も活用しましょう。乗車券部分がさらに2割引になります。

「こだま号」でもいい、という人は、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだまエコノミープラン」という方法もあります。利用できる列車が限られているなどの制約がありますが、新幹線を利用して東京〜大阪間を移動するにはもっとも安い方法です。「ぷらっとこだまエコノミープラン」はJR東海ツアーズでしか購入できません(駅の窓口では購入できません)。

LCCを利用する

東京〜大阪間を飛行機で移動する場合、なんといっても、格安航空会社LCCが安いです。就航しているのが東京は成田空港、大阪は関西空港で、ジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーションの2社があります。早い時期に予約すると、どちらも高速バスより安い価格でチケットが手に入ります。ギリギリでも高速バスよりやや高い程度の価格でチケットが販売されています。

しかし、成田空港と関西空港までのアクセスのお金は意外と高額。また、使いやすい時間帯に運行されていなかったりすることもあります。乗らなかったときのチケットキャンセルもできない場合が多いので、あまり使いやすいとはいえません。成田や関空に近い場所に行くなら便利かもしれません。

羽田発の飛行機を利用するなら、スカイマークの羽田〜神戸便か、スターフライヤーの羽田〜関西便が比較的お手頃な価格です。JALやANAでも、1ヶ月ほど前に予約する割引運賃を使えばお手頃な価格です。

高速バス 

東京〜大阪には高速バスも多数走っています。高速バスは3列シートと4列シートがあります。夜行バスと昼行バスがあります。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

東京〜大阪でもっともポピュラーなのはJRバスです。JRバスの場合、安いのは昼間の4列シートです。昼間ですと4列でもそれほど疲れません。夜行バスは寝ている間に着きますのでラクですが、4列シートだと狭いので寝づらいかもしれません。所要時間は7〜9時間くらいです(時間帯によって変わります)。

楽天トラベル高速バス予約

JR普通列車

東京〜大阪をJRの東海道本線の普通列車で旅する方法もあります。約8時間です。学割が使えれば、高速バスより安く移動できるかもしれません。また、青春18きっぷを使えるシーズンならそれが事実上の最安値です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP