格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜軽井沢

東京〜軽井沢はこうすれば安く行ける!

東京・横浜から軽井沢へ安く行く方法を考えてみましょう。東京〜軽井沢間には、新幹線、高速バス、JR普通列車+バスの選択肢があります。速く行くなら新幹線ですし、手頃な価格なら高速バスです。JRの普通列車+バスは、それほど安くなく時間もかかりますが、途中駅からの利用には便利かもしれません。

まとめると、安さなら高速バス、利便性なら新幹線の格安きっぷ、ということになります。

ここでは、東京から軽井沢へ安く行く方法をご紹介しましょう。

広告

新幹線を利用する

東京から軽井沢へもっとも速い交通機関は新幹線です。北陸新幹線(長野新幹線)の「あさま」号は、東京と軽井沢の間を約1時間で結びます。新幹線の正規運賃・料金はややお高めですが、格安チケットも存在します。東京〜軽井沢の新幹線の格安チケットの代表格は、「えきねっとトクだ値」です。

「えきねっとトクだ値」は、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」の会員が利用できる割引きっぷで、新幹線の東京〜軽井沢の区間を正規運賃・料金より1〜2割安く購入できます。正規運賃・料金の場合、新幹線普通車自由席の料金(大人1名・片道・通常期)は5,550円ですが、えきねっとトクだ値の場合は、4,590〜5,340円と格安で行けます。

「えきねっと」は会員サービスですが、誰でも無料で会員登録ができます。そのため、会員になりさえすれば、誰でも「えきねっとトクだ値」を利用できます。

JR東日本「えきねっと」

新幹線のツアーを利用する

新幹線を格安で利用して軽井沢に行く方法として、JR東日本の「びゅう」というツアーを使う方法もあります。日帰りツアーとしては、「ワンデーリゾート軽井沢スペシャル」という格安プランがあり、東京〜軽井沢の日帰り往復で6,300円〜7,000円という価格です。日帰りで軽井沢に行くなら、圧倒的に安いプランです。

とはいえ、軽井沢に行くなら宿泊する人も多いでしょう。そういう方に、宿泊ツアーも多く設定されています。ホテルによって価格は異なりますが、新幹線とホテルを別々に予約するよりは格段にお手頃です。

高速バスを利用する

東京から軽井沢へは、高速バスも運行されています。高速バスは、いずれも東京〜軽井沢を約3時間で結びます。東京〜軽井沢への高速バスの代表は、西武高速バスでしょう。

西武高速バスは、池袋東口〜軽井沢駅間を1日5往復しています。片道の正規運賃は2,600円ですが、2枚回数券が4,600円になり、片道あたり2,300円です。4枚回数券は8,200円で、2人で往復するなら一人片道あたり2,050円と格安になります。池袋〜軽井沢間は2時間52分です。西武高速バスは、このほか、立川〜軽井沢線の高速バスも運行しています。値段は池袋〜軽井沢と同じです。

横浜からは、京浜急行バスが羽田空港経由で軽井沢まで1日2往復運行しています。運賃は片道3600円ですが、前売りなら乗車日前日まで片道2,100円と格安です。

そのほか、格安バス会社もいくつか運行しています。これらのバス会社の予約は、「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

楽天トラベル高速バス予約

青春18きっぷで軽井沢に行くには?

東京〜軽井沢へ青春18きっぷを使うのはどうでしょうか。青春18きっぷは、JRの普通列車しか乗車できませんが、じつは軽井沢にJRの普通列車は乗り入れていません。そのため、青春18きっぷだけで軽井沢に行くことはできません。

青春18きっぷで東京から軽井沢に行くには、高崎経由で信越線の横川まで行き、そこからバスに乗る必要があります。時間もバス代もかかりますので、お得とはいえません。ということで、東京〜軽井沢へ青春18きっぷで行くのは、あまり合理的ではありません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP