格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 新幹線 > 東海道新幹線

東海道新幹線に格安で乗る情報まとめ

新幹線のなかでも最も利用者の多いのが東海道新幹線です。しかし、東海新幹線には割引きっぷや格安チケットは少なく、安く乗る方法はあまり多くありません。

金券ショップでバラ売りの回数券を買うのが一番簡単で、それよりも安く乗る方法としては「ぷらっとこだま」を使うのが王道的な方法です。

以下では、東海道新幹線に格安で乗る方法をまとめてみました。

広告

東海道新幹線「ぷらっとこだま エコノミープラン」

東海道新幹線に安く乗る方法として、最もお得なのは「ぷらっとこだま エコノミープラン」(略称・ぷらこま)。これが一番の超おすすめです。これは、前日までに特定の「こだま」号を予約することで、通常運賃料金より25%程度安くなるものです。「こだま」しか乗れませんが、それでも東京・新大阪間が4時間程度で行くことができます。東京・名古屋間なら3時間弱です。めちゃめちゃ急ぐ旅でなければ、十分なスピードでしょう。東京からの価格の一例を示すと、以下の通りです(通常期)。

目的地  旅行代金(JR通常運賃料金)
静岡  4,600円(6,350円)
浜松  6,500円(8,290円)
名古屋  8,100円(10,880円)
京都  10,100円(13,600円)
新大阪 10,300円(14,140円)

このプランには大事な注意点があります。これは、旅行代理店の「ツアー」という形式で販売されている、ということです。つまり、正確に表現すると「切符」ではありません。したがって、普通の切符と違う点もあります。とくに注意すべき点としては、以下が挙げられます。

・前日までにJR東海ツアーズで購入しなければならない。(駅のみどりの窓口では買えない)
・列車変更、座席変更などは不可。乗り遅れた場合は無効。後続列車に乗せてくれたりはしない。
・JR東海の改札口しか使えない。たとえば東京駅では丸の内口などJR東日本の在来線改札口は使えない。
・東京都区内・名古屋・大阪市内の在来線には乗れない。

要するに、「JR東海の施設しか使えませんよ」ということです。

また、「ぷらっとこだま」にはグリーン車用プランもあります。本当にお得なのはこちらです。価格の一例を示すと、以下の通りです(通常期)。

目的地 旅行代金(JR通常運賃料金)
静岡 6,600円 (8,580円)
浜松 8,500円 (11,880円)
名古屋 9,100円 (14,470円)
京都 11,600円(18,380円)
新大阪 11,800円(18,920円)

東京・新大阪間なら、普通に買うよりも7000円近くも安いのです。よく見ると、普通車の通常運賃料金以下で、グリーン車に乗れてしまうことがわかります。これは非常にお得といえるでしょう。割引率としては、約37%引きです。

「ぷらっとこだま」を実際問題として使いやすいのは、東京〜名古屋くらいの距離でしょう。3時間弱で9,100円でグリーン車は、費用対効果が高いといえます。

「ぷらっとこだま」は、東京のほか、新横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪の相互間で設定があります。熱海や三島に行くときは使えないのは残念です。

新幹線回数券のばら売りを買う

新幹線回数券のばら売りを金券ショップで購入します。店により違いがありますが、3〜5%程度安くなります。

JR東海ツアーズ「日帰り1day」

日帰りで東海道新幹線を利用する場合は、JR東海ツアーズの「日帰り1day」というパッケージプランがあります。新幹線とキヨスクで使えるお土産券(1,000円程度)がセットになった日帰りプランで、東海道新幹線の主要区間に設定があります。

価格はたとえば東京〜新大阪で20,000円〜30,000円程度(時期による)と格安。「のぞみ号」も利用できます。「のぞみ」を利用できる東海道新幹線のプランとしては圧倒的に格安なので、日帰り出張などにはオススメできます。JR東海ツアーズのホームページや店舗で販売しています。

その他の安く乗る方法

東海道新幹線の主要区間を安く乗る方法は、上の2つがほぼ全てです。東海道新幹線は割引きっぷが少ないのです。以前は「ひかり早特きっぷ」という早割的なきっぷがありましたが、現在は廃止されています。

それ以外は、会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引サービスがあります。しかし、年会費のかかる会員制ですので、ここでは省略します。

主要区間以外では、以下のような割引きっぷがあれます。以下のきっぷは、誰でも駅の窓口で購入できます。

のぞみ早特往復きっぷ
浜松〜名古屋間から小倉・博多を往復する場合に大幅に割引があるきっぷ。20%以上の割引です。「のぞみ号」が利用できます。乗車日の21日前〜1週間前まで発売。名古屋から東京方面の設定はありません。
新幹線自由席用早特往復きっぷ
名古屋〜大阪間を新幹線の自由席で利用できる片道チケット。「のぞみ号」「ひかり号」も利用できます。1週間前までに購入することで、約25%割引になります。あまり知られていませんが、乗車日が決まっていればかなりお得なきっぷです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP