格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 新幹線 > 山陽新幹線

山陽新幹線に格安で乗る情報まとめ

山陽新幹線は、東海道新幹線に較べれば利用者は少ないうえに、高速バスや航空機、最近はLCCとの競争も激しくなっています。そのためか、東海道新幹線よりも値引き率の高い割引きっぷが、大阪・神戸エリアから北九州・福岡エリアの間で販売されています。したがって、関西から九州北部への格安チケットは豊富です。

一方、広島や山口といった山陽各都市方面へは、ライバルが不在のため、新幹線の値引きはほとんどありません。そのため、割引きっぷはあまりありません。

以下では、山陽新幹線に安く乗る方法をまとめてみました。

広告

山陽新幹線「バリ得こだま」

山陽新幹線でもっとも割引率の高いチケットといえば、「バリ得こだま」(略称・バリこま)でしょう。これは、前日までに特定の「こだま」号を予約することで、通常よりも最大50%程度安くなるものです。「こだま」にしか乗れませんが、それでも新大阪〜博多間が4時間半程度で行くことができます。山陽新幹線の「こだま」号の指定席は2×2シートですから、グリーン車並みのシート幅で快適です。値段と快適さのバランスを考えれば十分でしょう。

値段は、以下の通りです。

  • 新大阪−博多:7,700円
  • 新大阪−小倉:7,100円
  • 新神戸−博多:7,500円
  • 新神戸−小倉:6,900円
  • 西明石−博多:7,300円
  • 西明石−小倉:6,700円
  • 姫路−博多:7,100円
  • 姫路−小倉:6,500円

※いずれも300円分のキヨスククーポンつき。

「バリ得こだま」には大事な注意点があります。これは、日本旅行という旅行会社の「ツアー」という形式で販売されている、ということです。つまり、正確に表現すると「切符」ではありません。したがって、普通の切符と違う点もあります。とくに注意すべき点としては、以下が挙げられます。

  • 前日までに日本旅行などで購入しなければならない。(駅のみどりの窓口では買えない)
  • 列車変更、座席変更などは不可。乗り遅れた場合は無効。
  • 大阪、神戸、北九州、福岡市内の在来線には乗れない。

また、「バリ得こだま」にはグリーン車用プランはありません。

たとえば、普通のJRのきっぷなら、大阪駅やからJR京都線で新大阪に行き、新大阪に乗り継ぐことができますが、「バリ得こだま」では、「大阪−新大阪」は別にきっぷを買わなければなりません。普通のきっぷなら、乗り遅れても当日の後続列車の自由席に乗れますが、「バリ得こだま」では不可です。

山陽新幹線「こだま早特往復きっぷ」

「こだま早特往復きっぷ」は、新大阪〜博多駅間を直通運転する「こだま」号の普通車指定席が利用できる往復きっぷです。発売は乗車日の21日前から14日前。有効期間は7日間で、ゴールデンウィークなどの繁忙期にも使えます。価格は往復で15,430円。片道あたり7,715円です。こども用の価格は3,000円(片道あたり1,500円)とさらに格安で、ファミリーユースに向いているきっぷです。設定区間は以下の通りで、どの区間も同価格です。

  • 大阪市内−北九州市内
  • 大阪市内−福岡市内
  • 神姫ゾーン−北九州市内
  • 神姫ゾーン−福岡市内

※神姫ゾーンは、 山陽新幹線は新神戸駅、西明石駅、姫路駅の各駅です。在来線は立花〜姫路間の各駅と和田岬駅から乗降できます。

山陽新幹線「こだま指定席往復きっぷ」

「こだま指定席往復きっぷ」は、「こだま」と一部「ひかり」の普通車指定席を利用して往復できます。往復の有効期間は7日間です。新大阪〜岡山往復が7200円、新大阪〜広島往復が12,860円と、40%以上の割引になっています。また、子供はどの区間も一律で往復3,000円に設定されています。親子2人の旅なら非常に激安です。

と、とてもお得なきっぷなのですが、重大なポイントがあります。それは「2人以上でないと発売しない」という点です。一人旅には使えません。そのため、ビジネス利用などには不向きで、レジャー用途の割引きっぷといえます。

山陽新幹線「スーパー早特きっぷ」

「スーパー早特きっぷ」新大阪・新神戸−小倉・博多間が1万円あまりの割引きっぷです。「スーパー早特きっぷ」は、駅の窓口では販売はなく、JR西日本のインターネット販売システム「e5489」専用商品です。そのため「J-WESTネット」の会員登録(無料)が必要です。販売期間は乗車の1ヶ月前〜2週間前です。「のぞみ」「みずほ」などの山陽新幹線各列車の普通車指定席に乗車でき、新大阪−博多間の場合、通常に比べて33%安くなります。ゴールデンウイークや夏休みも利用可能です。設定区間は以下の通りです。

  • 新大阪・新神戸−小倉・博多 10,290円
  • 新大阪・新神戸〜熊本 12,860円
  • 新大阪・新神戸〜鹿児島中央 14,400円

山陽新幹線「新幹線北九州・福岡割引きっぷ」

新大阪・新神戸〜小倉・博多が26,940円。正規料金に較べると約12%の割引です。当日駅窓口で購入でき、のぞみにも乗れますので便利です。

山陽新幹線「新幹線大阪・神戸割引きっぷ」

上記「新幹線北九州・福岡割引きっぷ」の反対方向バージョンです。九州から関西への激安きっぷです。小倉・博多〜新大阪・新神戸が26,940円。正規料金に較べると約12%の割引です。当日駅窓口で購入でき、のぞみにも乗れますので便利です。

山陽新幹線4枚きっぷ

「山陽新幹線4枚きっぷ」は、4枚つづりの回数券です。いわゆる「新幹線回数券」と異なるのは、有効期間が1ヶ月と短い点と、ゴールデンウィークやお盆といった繁忙期にも利用できる点。割引率は12%程度です。設定区間は大阪・新神戸〜小倉・博多です。価格は、新大阪・新神戸〜小倉・博多が53,880円(1枚あたり13,470円)です。

のぞみ早特往復きっぷ

中国地方や福岡から東京方面に行くときに使うと便利な格安チケットが、「のぞみ早特往復きっぷ」です。岡山以西の山陽新幹線沿線から、東京・横浜を往復する場合に大幅に割引があります。たとえば、博多〜東京は往復34,970円。なんと20%の割引です。その他、岡山〜東京が往復28,800円、広島−東京が往復31,890円などとなっています。7日前までの発売です。

東京往復スーパー早特きっぷ

中国地方から東京方面に行くときに激安なのが、「東京往復スーパー早特きっぷ」です。岡山−東京が往復26,500円、広島−東京が往復28,500円です。14日前までの発売です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP