格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 大阪発着 > 大阪〜富山

大阪〜富山はこうすれば安く行ける!

大阪〜富山を安く行く方法を考えてみましょう。大阪〜富山間の旅行には、JR特急「サンダーバード」+北陸新幹線、高速バス、JR普通列車の選択肢があります。速く行くならサンダーバード+新幹線ですし、手頃な価格なら高速バスです。JRの普通列車は時間がかかりますが、青春18きっぷのあるシーズンには格安で移動できます。

ここでは、大阪〜富山を安く行く方法をご紹介しましょう。

広告

特急「サンダーバード」と北陸新幹線を利用する

大阪〜富山を速く移動するなら、JRの特急「サンダーバード」と北陸新幹線を乗り継ぐ方法です。大阪~金沢間が「サンダーバード」、金沢~富山間が北陸新幹線です。以前は、大阪~富山直通の「サンダーバード」もあったのですが、現在は全列車が金沢で折り返します。そのため、大阪~富山をJRで移動するときは、必ず金沢で乗り換えになります。

「サンダーバード」+北陸新幹線の乗継で大阪~富山は3時間10分ほどです。JR特急の正規運賃・料金はややお高めですが、格安チケットも存在します。

大阪〜富山のJRの格安チケットは、特急回数券です。サンダーバード指定席用と自由席用があり、いずれも6枚綴りになっています。大阪駅周辺や富山駅周辺の金券ショップではばら売りされています。割引率は7〜8%程度で、サンダーバード指定席の場合で8,500円前後で販売されています。自由席は指定席より300~500円程度安くなっています。サンダーバード指定席のチケットでも、北陸新幹線は自由席利用になります。

JRと宿泊セットのツアーを利用する

特急を格安で利用して大阪〜富山を移動する方法として、旅行会社のツアーを使う方法もあります。サンダーバードを使ったツアーでは、「日本旅行」が「JR・新幹線+宿泊セットプラン」をだしていて、往復の特急「サンダーバード」+北陸新幹線と宿泊がついて1万5,000円程度から設定があります。

宿泊つきで大阪から富山に行くか、富山から大阪に行くなら、圧倒的に安いプランです。

高速バスを利用する

大阪〜富山間には、高速バスも運行されています。高速バスは、大阪〜富山を5時間半程度で結びます。大阪〜富山の高速バスの代表格は、阪急バスと富山地方鉄道バスの「大阪・京都~富山線」です。 価格は片道5,000円〜6,000円程度です。価格は時期や曜日によって異なり、早売で買えば少し安くなります。横3列シートでトイレ付きの車両ですから、バスは快適です。

そのほか、格安バス会社も各社運行しています。価格はバス会社によってだいぶ違いますので、何社か探すか「楽天トラベル高速バス予約」などで検索してみるといいでしょう。

楽天トラベル高速バス予約

JRの普通列車+いしかわ・とやま鉄道を利用する

大阪〜富山間を普通列車で旅する方法もあります。北陸本線利用の場合、JRなのは大阪~金沢間だけで、金沢~富山間はIRいしかわ鉄道+あいの風とやま鉄道になりますので、別料金になります。合計の価格は6,000円ほどで、所要時間は6時間ほどです。6時間くらいなら、普通列車でもそれほど疲れないで着くことができるでしょうし、高速バスと時間的には大差ありません。

ただし、値段的にも高速バスと大きな差はありません。そのため、乗り換えのない高速バスのほうがラクでしょう。

青春18きっぷを利用する

青春18きっぷのシーズンなら、青春18きっぷを金券ショップのばら売りで買えば、実質2,500円〜3,000円で移動することができます。青春18きっぷ5枚セットを使い切れるなら、片道あたり2,370円となり、これが大阪〜富山を移動する最安値になるでしょう。

ただし、青春18きっぷで移動する場合、金沢~富山間は使えませんので、高山経由となります。大阪~岐阜~高山~富山とたどります。この場合、最短で7時間程度です。列車本数が少ないので、あらかじめ時刻表をよく調べてからご利用ください。

青春18きっぷで金沢まで行き、金沢~富山間はいしかわ鉄道、とやま鉄道を利用する場合、別途1,220円が必要です。この場合は6時間ほどで着くことができます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP