格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 大阪発着 > 大阪〜沖縄

大阪〜沖縄はこうすれば安く行ける!

大阪〜沖縄を安く行く方法を考えてみましょう。大阪〜沖縄間の旅行には、JALやANAといった大手航空会社、ピーチやジェットスターといった格安航空会社(LCC)、フェリーなどの選択肢があります。便利なのは伊丹~那覇のJALやANAですし、、手頃な価格ならLCCです。荷物が多い人はフェリーもいいでしょう

ここでは、大阪〜沖縄を安く行く方法をご紹介しましょう。

大阪・沖縄の運賃・料金
最低運賃 最高運賃
JAL/ANA/JTA 9600 38400
ピーチ 4890 34290
ジェットスター 4790 26290
 マルエー
フェリー
 12100
(2等学割)
15120
(2等)

※値段は季節により変動します。

広告

JAL、ANA、JTAを利用する

大阪~沖縄間を移動するのに、最もポピュラーなのは大手航空会社の飛行機。JALとANA、それにJTAが就航しています。JTA(日本トランスオーシャン航空)は、JALの子会社です。

これら大手航空会社のチケットは、普通運賃では片道38,400円と高額。ただ、さまざまな割引運賃が用意されていて、安いチケットだと9,000円台で購入できます。

もっとも安いのは、JAL、JTAが「スーパー先得」、ANAは「旅割」です。安いチケットは75日前までに買うなどの制限があり、出発日が近づくにつれて値段は高くなります。

大阪側の空港は、関西空港発着と伊丹空港発着があります。JALは伊丹空港のみ、JTAは関西空港のみです。

LCCを利用する

大阪~沖縄を安く移動するなら、なんといってもLCCが一番です。ピーチとジェットスターが就航しており、価格はそれぞれ4,000円台から。バーゲン運賃なら、2,000円程度で利用できる場合もあります。

ただ、時間帯のいい便などは値段が高く、10,000円以上することも多いです。購入するタイミングによっては、JALやANAのほうが安いこともありますので、よくご確認を。

フェリーで行く

大阪~沖縄間には、フェリーも就航しています。マルエーフェリーで、大阪南港を15時に出港し、那覇港には翌々日の8時半に着きます。途中、奄美諸島の島々に寄りながらのゆっくりした航海です。毎日運航ではないので、運航日をご確認ください。

価格は2等和室が15,120円、学割で12,100円です。2等和室というのは要するに雑魚寝です。ベッドで寝たい人は、別途寝台料金(2,050円~6,170円)が必要です。

大阪~沖縄を安く行く方法まとめ

大阪~沖縄を安く行くには、やはりLCCが第一選択肢でしょう。出発日まで間があるなら、大手航空会社の格安チケットを使うのもいいでしょう。

フェリーは、昔は格安旅行で人気でしたが、現在は運航本数も少なく、価格もLCCより高いことの方が多いので、荷物が多い人やクルマやバイクと一緒に旅する人以外には、あまり利用価値はありません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP