格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > JR特急 > くろしお

「くろしお」に格安で乗る方法まとめ

京都、新大阪、天王寺と和歌山、白浜、新宮を結ぶ列車が、JR西日本の特急「くろしお」です。かつては「オーシャンアロー」という名称も使われていましたが、現在は「くろしお」に統一されています。大阪から紀伊半島への旅に便利な列車です。くろしおに安く乗る方法はいくつかありますので、わかりやすく解説していきましょう。

広告

くろしおの正規料金は?

まず、大人1名が通常期に特急くろしおの普通車指定席で新大阪〜白浜を乗車する場合の運賃・料金は片道5,600円(往復11,200円)です。この価格を頭に入れておきましょう。

ここでは、新大阪〜白浜を例にとって説明していきますが、その他の区間でも同じような方法が使えます。

「くろしお」の正規運賃・料金表はこちら
 →「くろしおのJR料金表

くろしお指定席きっぷ

くろしお指定席きっぷは、特急くろしおの普通車指定席を利用できる割引きっぷです。発売条件は2名以上が同一行程を旅行する場合です。1人旅には使えません。現時点で、駅の窓口で購入できる唯一の特急くろしおの割引きっぷです。JR西日本のインターネット予約「e5489」でも購入できます。

普通車利用の場合は、こどもは一律1,000円(天王寺⇔和歌山間のみ750円)なので、家族連れの場合はとくにお得です。

主な設定価格は以下の通りです。

  • 新大阪(大阪市内)〜和歌山 2,160円
  • 新大阪(大阪市内)〜白浜 4,500円
  • 新大阪(大阪市内)〜紀伊勝浦 5,300円
  • 新大阪(大阪市内)〜新宮 5,500円

上記の通り、新大阪〜白浜で4500円程度と、2割引程度の価格設定です。子供は一律1000円ですから激安です。

くろしお指定席きっぷは、割引率も高く便利なのですが、2名以上での利用が課されているのが難点。金券ショップでの「ばら売り」などもありませんから、1人旅には使えません。

e5489専用「チケットレス特急券」

e5489専用「チケットレス特急券」は、JR西日本のインターネット予約「e5489」で購入できる片道タイプのチケットです。スマホやパソコンから予約し、画面メモ等に保存したり、プリントアウトすることで、「チケットレス乗車」ができます。

利用するには、「J-WESTネット会員」の登録が必要です。登録は無料です。

主な設定価格は以下の通りです。価格は特急料金のみです。運賃が別途必要です。

  • 新大阪(大阪市内)〜和歌山 1,290円 (運賃込み2,530円)
  • 新大阪(大阪市内)〜白浜 2,050円(運賃込み5,400円)
  • 新大阪(大阪市内)〜紀伊勝浦 2,260円(運賃込み6,690円)
  • 新大阪(大阪市内)〜新宮 2,260円(運賃込み7,010円)

「チケットレス特急券」には、「J-WESTカード会員専用」の設定もあります。その場合は、割引額が大きくなっています。

カード会員でない場合、割引額はそれほど大きくはありません。ただ、一人利用で「くろしお」に安く乗るには、現時点ではこの「チケットレス特急券」以外には方法がありません。

阪和線自由席回数特急券

阪和線自由席回数特急券は、特急列車普通車自由席が利用できる6枚綴りの料金専用回数券です。特急券部分にのみ通用しますので、乗車券は別途購入する必要があります。大阪〜和歌山などの区間に設定されています。南紀白浜方面へは設定がありません。和歌山市へ出かける人向けです。

大阪市内の金券ショップで販売されていることもありますが、それほど見かけません。

新幹線の乗り継ぎ割引を利用する

新幹線と特急「くろしお」を新大阪で乗り継ぐ場合、「乗り継ぎ割引」が適用され、特急「くろしお」の自由席特急料金または指定席特急料金が半額になります。

このルールの適用を受けるためには、新幹線と「くろしお」の特急券をセットで購入しなければなりません。新幹線から「くろしお」に乗り継ぐ場合、チケットは同時購入しましょう。

乗り継ぎ割引を利用して「京都〜新大阪」を新幹線、新大阪から先を乗り継ぎ割引適用の「くろしお」に乗る、という方法もあります。この場合、新幹線を自由席にすれば「くろしお」の特急券が若干安くなる場合もありますが、「くろしお」の乗車区間が短ければかえって高くなることもあります。

たとえば、京都〜白浜を移動する際に、「くろしお」自由席に乗る場合、京都〜白浜の総額は、乗り継ぎ割引を使っても、京都から「くろしお」自由席に乗っても変わりません。「くろしお」の指定席を使うと若干安くなりますが、それよりも「くろしお」に京都から自由席に乗ったほうが安くなります。

実際に、新幹線乗り継ぎ割引を有効活用できるのは、たとえば新神戸〜新宮などの遠距離区間を利用する場合でしょう。三宮から新快速で新大阪に行って「くろしお」に乗るよりも、新神戸から新幹線で新大阪に行って「くろしお」に乗り継いだほうが安くなります。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP