格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜成田空港

東京〜成田空港はこうすれば安く行ける!

東京〜成田空港を安く行く方法を考えてみましょう。東京〜成田空港間の旅行には、JR特急「成田エクスプレス」、JR総武線快速「エアポート成田」、京成「スカイライナー」、京成「エアポート特急」、リムジンバス、格安バス「THEアクセス成田」「東京シャトル」「成田シャトル」などの選択肢があります。速さ重視なら「スカイライナー」ですし、安く行くなら京成本戦特急でしょう。

ここでは、東京〜成田空港を安く行く方法をまとめてご紹介しましょう。

東京~成田空港の価格比較
成田エクスプレス 3,020円
成田エクスプレス格安チケット 2,470円
JRエアポート成田 1,490円
スカイライナー 2,470円
スカイライナー格安チケット 約2,130円
京成アクセス特急 1,170円
京成本線特急 1,030円
京成電鉄格安チケット 約900円
リムジンバス 2,800円
リムジンバス格安チケット 1,900円~
東京シャトル 900円~
THEアクセス成田 1,000円
成田シャトル 1,000円~
広告

JR特急「成田エクスプレス」を利用する

東京〜成田空港を快適に移動するなら、JR特急「成田エクスプレス」がいいでしょう。東京駅、品川駅、渋谷駅、新宿駅、池袋駅などから、成田空港へ直通します。そのほか、武蔵小杉、横浜、戸塚、大船、大宮などへ足を伸ばす列車もあります。これらの駅から成田空港まで乗り換えなしで行くことができます。

所要時間は東京駅~成田空港駅が53分。新宿駅~成田空港は1時間17分です。正規料金は東京駅~成田空港駅の普通車指定席が3,020円、新宿~成田空港は3,190円です。自由席はなく、どの列車でも価格は同じです。

「成田エクスプレス」には格安チケットがあるので、正規料金で乗るのは少しもったいないです。定番の割引きっぷは「N’EX往復きっぷ」です。東京都区内~成田空港の往復が4,940円で、片道あたり2,470円です。指定席券売機で販売しています。

  • 東京駅~成田空港駅普通車指定席 3,020円
  • 新宿駅~成田空港駅普通車指定席 3,190円
  • N'EX往復きっぷ 2,470円 (片道あたり)

JR東日本「えきねっと」

JR快速「エアポート成田」を利用する

JRの快速列車「エアポート成田」で、東京~成田空港間を移動することもできます。毎時2本程度の運転です。所要時間は東京駅~成田空港駅間が約1時間30分です。価格は1,490円です。

グリーン車を使うと、事前料金で平日980円、土休日780円が別途かかります。

なお、青春18きっぷ1回分は2,370円なので、東京~成田空港間の移動のみで青春18きっぷを使う意味はありません。

京成「スカイライナー」を利用する

速さ重視なら、京成「スカイライナー」です。上野駅~成田空港駅間が43分、日暮里駅~空港第2ビル駅間ならわずか36分です。全席指定席で、価格は2,470円(乗車券1,240円+ライナー券1,230円)です。

京成の株主優待券を使えば、多少安くなります。金券ショップで900円で株主優待券を買った場合、ライナー券とあわせて2,130円です。

京成「アクセス特急」を利用する

京成電鉄の料金不要列車「アクセス特急」も狙い目です。押上駅~成田空港駅が51分、日本橋駅~成田空港なら1時間14分です。価格は押上~成田空港が1,170円、日本橋~成田空港が1,330円です。

京成の株主優待券を使えば1枚で移動できます。金券ショップで900円くらいです。

「京成本線特急」を利用する

京成電鉄のうち、船橋を経由する「京成本線特急」は、さらに価格が安いです。所要時間は京成上野駅~成田空港駅が1時間18分、日暮里駅~成田空港駅が1時間14分とややかかりますが、価格は1,030円です。

鉄道アクセスなら、この京成本線特急が最安値です。株主優待券1枚(実勢900円程度)で移動できます。

リムジンバスを利用する

東京~成田空港間の移動では、リムジンバスも利用できます。リムジンバスは都内各地から便があります。東京駅・東京シティエアターミナル(TCAT、水天宮前駅)~成田空港間の所要時間が約1時間10分、バスタ新宿~成田空港の所要時間は約2時間です。運賃はTCAT~成田空港間が2,800円、バスタ新宿~成田空港間が3,100円です。

東京駅・TCAT~成田空港には4枚綴り回数券があり、7,200円です。1枚あたり1,800円です。また、ユース割引(18~25歳)、シニア割引(65歳以上)もあり、東京駅・TCAT便が1,900円、新宿便が2,000円です。

■東京駅・TCAT~成田空港

  • 正規価格 2,800円
  • 回数券 1,800円(1枚あたり)
  • ユース割引 1,900円

「THEアクセス成田」を利用する

東京駅・銀座駅~成田空港を結ぶ格安バスが「THEアクセス成田」(JRバス・ビィートランセ)です。東京駅~成田空港の第2ターミナルを約1時間5分、銀座駅~第3ターミナルを約1時間30分で結んでいます。

価格は1,000円です。深夜便のみ2,000円です。シートピッチがやや詰め込み型のバスです。トイレはありません。

「東京シャトル」を利用する

東京駅・銀座駅~成田空港を結ぶ格安バスとしては、「東京シャトル」(京成バス)もあります。東京駅~成田空港第2ターミナルを約1時間、第3ターミナルまでは約1時間15分で結びます。

価格は事前決済(WEB購入)で900円、当日現金支払いで1,000円です。深夜・早朝便は2,000円です。シートピッチは通常のバスと同じで、トイレも付いています。

「成田シャトル」を利用する

大崎駅~成田空港を結ぶ格安バスが「成田シャトル」(ウィラー)です。大崎駅~成田空港第2ターミナルを約1時間15分で結びます。通常運賃は1,200円、事前決済(WEB購入)なら1,000円です。

格安バスをまとめると、以下のようになります。

  • 成田シャトル(当日支払) 1,200円
  • 成田シャトル(事前決済) 1,000円
  • THEアクセス成田(当日支払のみ) 1,000円
  • 東京シャトル (当日支払) 1,000円
  • 東京シャトル(事前決済) 1,000円

東京~成田空港間を安く行く方法まとめ

東京~成田空港間の移動で、安さににこだわるなら、「東京シャトル」の事前決済でしょう。東京駅から片道900円という価格は魅力です。所要時間も鉄道と遜色ありません。

格安バスの「THEアクセス成田」は、予約不要の手軽さと、シートのゆとりが魅力です。トイレ付きでシートピッチもゆったりしています。「成田シャトル」は大崎発着なので、東京駅の混雑に巻き込まれずに乗れるのが魅力です。

所要時間なら京成「スカイライナー」です。日暮里駅~空港第2ビル駅が約36分。圧倒的な速さです。京成「アクセス特急」も速度は速く、費用対効果の高い列車でしょう。

JRの「成田エクスプレス」は、新宿、渋谷から乗り換えなしで空港にアクセスできるのが魅力。定時性も高いので、東京西部から成田空港へ向かうときに安心感があります。えきねっとでも予約できますが、「トクだ値」は設定されていません。指定席券売機で「N'EX往復きっぷ」を使いましょう。

JR東日本「えきねっと」

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP