格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜長野

東京〜長野はこうすれば安く行ける!

東京〜長野を安く行く方法を考えてみましょう。東京〜長野間の旅行には、JR北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」、JR中央・篠ノ井線の普通列車、高速バスなどの選択肢があります。速さ重視なら北陸新幹線ですし、安く行くなら高速バスでしょう。

ここでは、東京〜長野を安く行く方法をまとめてご紹介しましょう。

東京~長野の価格比較
北陸新幹線指定席 8,200円
北陸新幹線自由席 7,680円
北陸新幹線格安チケット 5,330円~
JR中央・篠ノ井線 5,080円
高速バス 2,100円~4,400円
広告

北陸新幹線を利用する

東京〜長野を速く移動するなら、JRの北陸新幹線がいいでしょう。この区間には「かがやき」「はくたか」「あさま」が走っています。所要時間は列車によって異なりますが、「かがやき」でおおむね1時間25分程度、「はくたか」で1時間35分程度です。正規料金は普通車指定席が8,200円、普通車自由席が7,680円で、どの列車でも価格は同じです。ただし、「かがやき」には自由席はありません。

北陸新幹線の東京~長野間には格安チケットがあるので、正規料金で乗るのは少しもったいないです。JR東日本のインターネット予約サイト「えきねっと」で販売されている「お先にトクだ値」(13日前まで)なら、東京都区内~長野駅が5,330円~、「トクだ値」なら6,970円~7,380円です。ただし、「お先にトクだ値」「トクだ値」は「あさま」のみの設定です。「あさま」で東京~長野は約1時間50分です。

そのほか、6枚綴りの「新幹線回数券」があり、価格は45,960円。1枚あたり価格は7,660円です。金券ショップでは7,600円程度でばら売り販売されています。

  • 上越新幹線普通車指定席 8,200円
  • 上越新幹線普通車自由席 7,680円
  • えきねっとトクだ値 5,330円~7,380円
  • 新幹線回数券 7,660円 (1枚あたり)

JR東日本「えきねっと」

JR普通列車を利用する

JRの普通列車で、東京~長野間を移動することもできます。新宿~高尾~甲府~松本~長野に至る、中央線・篠ノ井線ルートです。途中、列車本数が少ない区間もあるので、乗り継ぎ時刻表は予め調べておきましょう。東京~長野間の所要時間は約6時間30分です。価格は5,080円です。

青春18きっぷ1回分は2,370円なので、期間中は青春18きっぷを使うとお得でしょう。

高速バスを利用する

東京~長野間の移動では、高速バスも利用できます。京王バス、アルピコ交通が新宿~長野の高速バスを運転しています。バスタ新宿を起点として、長野駅、善光寺大門まで走っています。新宿~長野駅の所要時間は約3時間40分です。価格は変動制で2,900円~4,400円です。

より安いバスとして、西武バスと長電バスが池袋駅東口~長野駅の高速バスを運行しています。所要時間は約3時間50分で、価格は2,600円~3,600円です。早割を使うと2,100円~の設定があります。

高速バス 池袋・長野線の予約

東京~長野間を安く行く方法まとめ

東京~長野間の移動で、安さににこだわるなら、高速バスでしょう。時期によりますが、おおむね3,000~4,000円程度で移動できます。所要時間は約3時間40分で、高速バスの旅としてはラクなほうでしょう。

青春18きっぷ期間中なら、JR中央・篠ノ井線もいいでしょう。青春18きっぷ1回分2,370円は破格といっていいかもしれません。

所要時間なら北陸新幹線です。「かがやき」が早いですが、格安チケットが豊富なのは「あさま」です。「あさま」でも2時間かかりませんから、お手頃で速い「あさま」を「えきねっとトクだ値」で使うのがお得でしょう。

JR東日本「えきねっと」

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP