格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京発着 > 東京〜甲府

東京〜甲府はこうすれば安く行ける!

東京(新宿)〜甲府を安く行く方法を考えてみましょう。東京〜甲府間の旅行には、JR特急「あずさ」(「スーパーあずさ」含む)「かいじ」や、JR普通列車、中央高速バス甲府線などの選択肢があります。定時性重視ならJR特急「あずさ」「かいじ」ですし、手頃な価格なら高速バスです。

ここでは、東京(新宿)〜甲府を安く行く方法をご紹介しましょう。

新宿~甲府の価格比較
JR特急「あずさ」
「かいじ」指定席
4,130円
JR特急「あずさ」
「かいじ」自由席
3,610円
JR特急「あずさ」
「かいじ」格安チケット
2,670円~
JR普通列車 2,270円
中央高速バス 2,000円
高速バス格安チケット 1,500円~
広告

JR特急「あずさ」「かいじ」を利用する

東京〜甲府を速く移動するなら、JRの特急「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」がいいでしょう。都内の発着駅は新宿駅が原則ですが、一部列車は東京駅や千葉方面へ乗り入れます。所要時間は新宿駅~甲府駅が約1時間30~40分です。正規料金は普通車指定席が4,130円で、どの列車でも価格は同じです。

ただ、特急「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」は格安チケットがあるので、正規料金で乗るのは少しもったいないです。JR東日本のインターネット予約サイト「えきねっと」で販売されている「トクだ値」なら、東京都区内~甲府駅が2,670円です。

そのほか、6枚綴りの「あずさ回数券」があり、価格は17,280円。1枚あたり価格は2,880円です。金券ショップでは2,800円程度でばら売り販売されています。

「あずさ」「かいじ」を利用する場合は、この2つの格安チケットのうちどちらかでいいと思いますが、甲府エリアから週末東京に往復して、都内のJR線にも乗る、という人には「中央線東京週末フリー乗車券」もいいかもしれません。

これは、都内のJR線乗り放題がついて、週末限定で往復3,300円です。特急料金は別にかかりますので、指定席特急料金をふくめると7,020円となります。片道あたり3,510円となります。

  • 「あずさ」「かいじ」普通車指定席 4,130円
  • 「あずさ」「かいじ」普通車自由席 3,610円
  • えきねっとトクだ値 2,670円
  • あずさ回数券 2,880円 (1枚あたり)
  • 中央線東京週末フリー乗車券+特急券 3,510円(片道あたり)

JR東日本「えきねっと」

JR普通列車を利用する

JRの普通列車で、東京~甲府間を移動することもできます。ただし、東京駅~甲府駅の直通列車はなく、多くの場合、高尾駅で乗り換えです。新宿駅~高尾駅~甲府駅の所要時間は約3時間です。価格は2,270円です。

なお、青春18きっぷ1回分は2,370円なので、新宿~甲府間の移動のみで青春18きっぷを使う意味はありません。

中央高速バス甲府線を利用する

東京~甲府間の移動では、中央高速バス甲府線も便利です。バスタ新宿南口~甲府駅の所要時間は約2時間~2時間10分です。京王バス、富士急山梨バス、山梨交通の共同運行です。

価格は2,000円で、4枚回数券は7,200円。1枚あたり1,800円となります。平日限定の「トクワリきっぷ」なら、2枚3,000円で、1枚あたり1,500円と格安です。

  • 正規価格 2,000円
  • 4枚回数券 1,800円(1枚あたり)
  • 平日限定トクワリきっぷ 1,500円(1枚あたり)

東京~甲府間を安く行く方法まとめ

東京~甲府間の移動で、安さににこだわるなら、中央高速バス甲府線の平日限定「トクワリきっぷ」を買うことでしょう。1回あたり1,500円は格安です。

中央高速は渋滞することが多いので、時間の余裕をみておく必要はありますが、この価格なら納得でしょう。高速バスは甲府市の中心部を巡回してくれるので、市内各所からの利用にも便利です。

所要時間ならJR特急「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」です。「スーパーあずさ」は途中停車駅が少ないので、10分ほど速いですが、「かいじ」のほうが空いているので使いやすいでしょう。

新宿駅~甲府駅間が1時間30分程度で、高速バスより速く、定時性も抜群です。価格はえきねっとトクだ値を使えば格安です。

JR東日本「えきねっと」

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP