格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > クルマ > 高速道路 > 首都高速

首都高速の料金と割引まとめ

首都高速の普通車の主要区間の料金と、割引制度をまとめてみました。2016年4月の割引制度改正に対応しています。

広告

首都高速の料金制度

首都高速では、現金の利用者とETCの利用者で料金体系が異なります。ETCは距離に応じた料金体系ですが、現金は距離にかかわらず最大料金となっています。そのため、利用距離が短い場合はETCを使った方が安くなります。

首都高速の基本料金(現金利用)

軽・二輪1,070円、普通車1,300円、中型車1,380円、大型車2,040円
※ただし、郊外方向の端末入口料金所は普通車300~960円(例:池尻→用賀370円)

首都高速の基本料金(ETC利用)

軽・二輪 270円~1,070円
普通車 300円~1,300円
中型車 310円~1,380円
大型車 390円~2,040円
特大車 460円~2,600円

首都高速の割引制度

首都高速ではETC向けに割引制度がいくつかあります。以下の割引は現金利用では使えません。

都心流入割引
「外環接続部相当の放射道路の端末部と都心環状線間の利用は、端末部から一番近い都心環状線の出入口までの料金を上限」とするものです。わかりにく表現ですが、放射線の郊外インターから都心環状線まで利用した場合、都心環状線の最も近いインターまでの料金で、都心環状線のどこで降りてもいいですよ、という仕組みです。
都心流入・湾岸線誘導割引
横浜方面~都心環状線間の利用で、湾岸線を経由した場合は、上限料金を普通車930円などとするものです。
環境ロードプライシング割引
湾岸線または川崎線を利用する大型車と特大車への割引。10~20%割引。
放射道路端末区間割引
放射道路の端末から都心環状性内は、均一料金時相当額以下に統一されます。
大口・多頻度割引
車両単位や契約単位で10~20%の割引 。

首都高速の主要区間料金表

首都高速の主要区間の普通車料金表です。

銀座~霞ヶ関

  • 距離 7.1km
  • ETC 390円
  • 現金 1300円

銀座~羽田

  • 距離 13.7km
  • ETC 600円
  • 現金 1300円

霞が関~三軒茶屋

  • 距離 7.9km
  • ETC 410円
  • 現金 1300円

霞が関~用賀

  • 距離 13.3km
  • ETC 590円
  • 現金 1300円

銀座~高井戸

  • 距離 14.4km
  • ETC 620円
  • 現金 1300円

銀座~美女木JCT

  • 距離 22.4km
  • ETC 880円
  • 現金 1300円

銀座~空港中央

  • 距離 14.3km
  • ETC 620円
  • 現金 1300円

銀座~横浜公園

  • 距離 34.5km
  • ETC 1260円
  • 現金 1300円

新宿~空港中央

  • 距離 23.6km
  • ETC 910円
  • 現金 1300円

東池袋~空港中央

  • 距離 24.6km
  • ETC 950円
  • 現金 1300円

三軒茶屋~空港中央

  • 距離 17.9km
  • ETC 730円
  • 現金 1300円

箱崎~千鳥町

  • 距離 17.4km
  • ETC 720円
  • 現金 1300円

箱崎~三郷

  • 距離 20.4km
  • ETC 810円
  • 現金 1300円

三軒茶屋~新井宿

  • 距離 32.2km
  • ETC 1190円
  • 現金 1300円

みなとみらい~新井宿

  • 距離 62.9km
  • ETC 1300円
  • 現金 1300円

三郷~用賀

  • 距離 39.9km
  • ETC 1300円
  • 現金 1300円

新井宿~用賀

  • 距離 37.6km
  • ETC 1300円
  • 現金 1300円

首都高速を安く利用する方法まとめ

首都高速を安く利用したい場合、ETCを使うというのが第一条件です。現金支払いの場合は、35km以上を乗らなければ、ETCと同額になりません。

ETC利用の場合は、都心流入割引などが設定されていますが、適用される区間は限られています。 それ以外には、あまり大きな割引はありません。時間帯割引や休日割引は、首都高速には設定されていません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP