格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > クルマ > レンタカー

レンタカーを安く借りる方法を解説!

いまや旅の必需品ともいえるレンタカー。遠距離旅行では飛行機や新幹線と組み合わせて使うことも増えました。ただ、定価で借りると結構高いのが悩みの種。ここでは、レンタカーを安く借りる方法をご紹介します。

広告

レンタカー予約サイトを使う

レンタカーを安く借りるのに、最も基本的な方法がコレ。レンタカーの比較・予約サイトの活用です。こうした予約サイトでは、そのエリアで借りられる最も安いプランを検索できますし、ときにバーゲン価格が提示されていることもあります。まずは、レンタカーの予約サイトを見て、その日の相場を確認しましょう。

レンタカー予約サイトはいくつかありますが、以下に代表的なものをご紹介します。

楽天レンタカー
操作性がよく、複数のレンタカー会社を比較しやすい
じゃらんレンタカー
レンタカー各社の比較がしやすい。
旅ぷらざレンタカー
格安プランなどピンポイントのバーゲンが豊富

JRや航空会社のセットでレンタカーを借りる

JRや航空会社の交通機関をした場合、セットでレンタカーを借りると安くなることがあります。あらかじめレンタカーをセットで借りられるようなチケットを選ぶと良いでしょう。

レール&レンタカーきっぷ
JRの乗車券と駅レンタカーがセットになったきっぷです。レンタカー同乗者全員の往復のJRの運賃が2割引、特急料金などが1割引になります。駅前でレンタカーを借りられるというメリットがあります。インターネットでの予約が必要です。レンタカーそのものの割引はありませんが、乗車人数が多く、長距離でJRを使うときは効果的なきっぷです。
予約サイト http://www.ekiren.co.jp/
JRの企画きっぷ
たとえば、JR東日本の「週末パス」を利用すると、レンタカーが24時間6,000円で借りることができます。こうしたJRの企画きっぷとのセット料金を利用すると、列車もレンタカーも安く利用できます。最近の企画きっぷにはレンタカーがセットになったものが多いので、きっぷ購入時にご確認ください。
JAL「先得」、ANA「旅割」とのセット予約
JALやANAでは、航空券を購入した後、セットでレンタカーを借りると割引料金になります。とくに、「先得」「旅割」などの事前割引運賃とセットで借りた場合はレンタカーが24時間で5,000円程度と、格安になります。28日前までの予約が必要になるなどの制約はありますが、航空券とレンタカーがともに割引率が高くなるのでお得です。それ以外の運賃でもレンタカーの割引はありますが、「先得」「旅割」とのセット購入に比べると高くなり、下記のレンタカー会社独自の割引プランと大差ないので、セット予約の意味はあまりありません。

レンタカー会社の会員割引プランを利用する

レンタカー会社は、会員制度をとっていて、会員になると割引を受けることができます。割引率は会社によって異なりますが、5%〜20%程度。会員限定のキャンペーンを実施するときもあり、その場合は30%程度の大幅割引などもあります。多くの場合年会費は無料ですので、会員になっておくと便利でしょう。さらに、利用回数に応じてさらなる割引やポイント還元が受けられることもあります。

主要レンタカー会社の無料会員制度を紹介します。

タイムズカーレンタル
「タイムズクラブ会員」20%割引
ニッポンレンタカー
「スーパーレッドメンバー」5%割引
トヨタレンタカー
「ラク楽eメンバー」5%割引
日産レンタカー
「23ボーナスクラブ」10%割引
オリックスレンタカー
「レンタカー・プライムメンバーズクラブ」10%割引(ネット予約)

無料会員よりさらに割引率の高い有料カード会員制度もありますが、気軽には加入できませんので、ここでは省略します。

クレジットカードのレンタカー割引を利用する

レンタカー会員になるのが煩わしい!という方は、お持ちのクレジットカード会社のレンタカー割引を利用すると良いでしょう。多くの会社は5%の割引を受けられます。カード会社とレンタカー会社によっては、それ以上の割引率になる場合もありますので、ご自身のカードをご確認ください。

「JAFカード」による割引

普段からクルマに乗っている方は、「JAF」の会員になっている場合もあるでしょう。その場合は、「JAFカード」による割引も受けられます。基本的にはレンタカーは5%割引ですが、一部のレンタカー会社では10%割引も受けられます。

格安レンタカーを利用する

最近増えてきたのが格安レンタカーです。12時間を2500円〜3000円で借りることができます。ただし、車両は中古車で、カーナビも別料金。大手レンタカーのようなよく整備された綺麗な車両をイメージすると、がっかります。「動けばいい」という人には格安レンタカーがいいでしょう。これも、上記の「楽天レンタカー」で価格比較ができます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP