格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 私鉄 > 西武レッドアロー

西武レッドアローに格安で乗る方法まとめ

池袋、西武新宿から秩父や飯能、川越へ一直線の西武レッドアロー。西武方面への小旅行や通勤に便利です。

池袋から西武秩父へ行く場合、正規料金は乗車券780円+特急券640円の片道1,420円。手頃な料金ですが「少しでも安くなる方法はないか」と考えてしまう人も多いでしょう。

ここでは、池袋から西武秩父を例にとり、西武レッドアローに安く乗る方法を考えてみます。なお、それ以外の区間でも安く乗る方法はほぼ同じですので、参考にして下さい。

とはいっても、西武レッドアローのみの割引きっぷはありません。往復割引もありません。ですから、西武鉄道の駅窓口で買えるのは、1,420円の正規運賃のチケットだけです。

広告

株主優待券を利用する

西武レッドアローに安く乗る方法には、西武鉄道の株主優待乗車証(株主優待券)を手に入れる方法があります。株主優待券は西武鉄道全線に乗車できますので、これ1枚で池袋から西武秩父まで乗車できます。

西武鉄道の株主優待券は、西武鉄道の株主に配布されます。株主でない方は、金券ショップかヤフオクなどで手に入れましょう。金券店での相場は500円程度です。これに特急券が640円かかりますので、あわせて1,140円くらいで池袋・西武秩父間の西武レッドアローに乗車できます。正規運賃・料金の値段は1,420円ですので、280円程度お得になります。

「秩父フリーきっぷ」を利用する

ここまでは西武レッドアローに乗る場合だけを考えて安く乗る方法を検討してきましたが、さらに秩父や長瀞を観光するのなら、別の方法もあります。それは「秩父フリーきっぷ」を利用することです。秩父フリーきっぷは、西武線各駅から芦ヶ久保駅までの往復乗車券と、芦ヶ久保〜西武秩父間と秩父鉄道(三峰口〜野上間)のフリーきっぷをセットにしたチケットです。

池袋からの価格は2日間有効で2,320円です。ただし、特急券は別途購入する必要がありますので、レッドアローを利用すると正規料金で片道640円を支払わないといけません。秩父・長瀞内の周遊をするには便利なきっぷですが、そうでないなら、価格面で元を取るのは難しいかもしれません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP