格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

京都へはこうすれば安く行ける!

京都へ安く行く方法を考えてみましょう。東京、大阪、福岡など、日本全国から京都へ格安の旅をする方法は、いくつかあります。

オーソドックスなのは、新幹線の格安チケットを使うこと。それ以外では、高速バスや、最近増えてきた格安航空会社LCCを活用する方法もあります。ここでは、そんな京都格安旅行法をご紹介!

広告

青春18きっぷを使う

東京や広島、福岡、金沢など、JRの普通列車で1日で行ける場所からは、青春18きっぷを使うのが格安です。

JRの普通列車で一日で京都に行ける範囲は、東は仙台、新潟、西は長崎、熊本あたりまでです。これらの範囲からならば、青春18きっぷの1日分(片道2370円相当)で行くことができます。

ただ、青春18きっぷは5枚セットなので2370円分だけ買うことはできません。また、青春18きっぷは春、夏、冬しか販売されていません。

高速バスを使う

次に安いのが高速バス。バス会社や時期にもよりますが、安い4列シートを使えば、東京から片道4000円程度〜で京都へ行くことができます。

東京以外からも、南東北、関東、中部、中国、四国、九州の各県から高速バスが発着しています。

運賃は発着地によりますが、おおむね数千円。遠距離でも10000円程度です。

LCCを使う

格安航空会社LCCを使う方法もあります。ピーチやジェットスターが関西空港に飛行機を運航しています。時期によりますが、たとえば成田〜関西間なら、片道5000円程度で利用できます。

成田空港や関西空港はやや不便な立地にあり、そこまでのバス代や電車賃がかかりますが、合計でも東京〜京都が片道7000円程度〜です。

ピーチやジェットスターは札幌、仙台、成田、福岡、長崎、熊本、鹿児島、那覇などに路線を持ちます。これらのエリアからは、おおむね片道5000円〜10000円程度で関西空港へ来ることができます。

関西空港からのアクセスはこのページの下のほうに記してあります。

スカイマークを使う

スカイマークも格安運賃を提供している航空会社です。スカイマークは神戸空港を関西エリアの拠点にしています。神戸から札幌、仙台、茨城、羽田、福岡、鹿児島、那覇などに便があります。

時期によりますが、片道10000円程度で羽田空港〜神戸空港を利用できます。神戸空港からポートライナーとJRで1300円程度で京都駅まで行くことができます。

大手航空会社の割引運賃を使う

JALやANAといった大手航空会社でも、28日前や、55日前など、かなり前にチケットを買えば安く利用できます。こうした早期購入割引の格安航空券を「旅割」(ANA)や「先得」(JAL)などといいます。

大手航空会社の場合、伊丹空港に発着しますので、京都からのアクセスは便利です。羽田〜伊丹や福岡〜伊丹は、10000円程度〜の価格設定です。変更不可、キャンセル料が高いなどのデメリットがあります。

伊丹から京都へは高速バスがあり、関西空港や神戸空港からより、格段に近いです。モノレールと阪急電車を乗り継いで京都に行くこともできます。

新幹線を使う

京都への交通機関で最も便利なのは新幹線です。東京からの場合、「こだま」号を利用した「ぷらっとこだまエコノミープラン」を使うと片道10000円程度です。こだま号で東京〜京都は、3時間40分ほどかかります。「ぷらっとこだま」は東海道新幹線方面にしか設定がありません。

山陽新幹線方面からや、東京方面から「のぞみ」号を利用するには、回数券のばら売りを買うのがいいでしょう。相場は時期によりますが、東京から片道1万3000円程度です。「のぞみ」号を利用すると、東京〜京都は2時間20分ほどです。

旅行会社のパッケージツアーを使う

旅行会社が提供する宿泊付きパッケージツアーを探すのもいいでしょう。往復の新幹線チケットや航空チケットと京都のホテルの代金がセットになったものです。

単純に往復の航空券を普通運賃で買うより、ホテル付きのパックのほうが安いこともあります。

ダイナミックパッケージを使う

飛行機を使う場合は、楽天トラベルやじゃらんnetなどの宿泊予約サイトで、航空券とホテルをセットで予約すると、格安になります。上記の旅行会社のパッケージツアーと似ていて、ツアーを自分で選んで作るようなものです。

単純に往復の航空券を買うより、ダイナミックパッケージのほうが安いことが多いです。

京都への旅行なら楽天トラベル

関西空港から京都へのアクセス

格安航空会社LCCを使った場合、関西空港に着きます。関西空港から京都へは、JR、私鉄、高速バスの3つのアクセス方法があります。もっとも安いのは「関空・京都アクセスきっぷ」です。南海→天下茶屋駅→地下鉄堺筋線→天神橋筋六丁目駅→阪急→京都河原町と乗り継ぎます。

これが不便、という人は高速バスを使うといいでしょう。JRの関空特急「はるか」も便利ですが、値段は3000円以上です。なお、関西空港から京都へ「はるか」を使った往復割引きっぷはありません。

大阪から京都へのアクセス

大阪から京都へは、JR、阪急、京阪の3つの電車が走っています。価格はJRがやや高く、阪急と京阪がやや安くなっています。

少しでも節約したい人は、土日や平日昼間だけ使える回数券を金券ショップでばら売りしていますので、買っていくといいでしょう。土日回数券利用で、阪急梅田〜京都河原町間が片道300円程度です。JRの大阪〜京都の昼間特割回数券が片道350円程度です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP