格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > 私鉄 > 近鉄特急

近鉄特急に格安で乗る方法まとめ

近鉄特急は、大阪・名古屋間を格安・快適に移動するのに便利。また、大阪・京都・名古屋から伊勢志摩、奈良・飛鳥・吉野などへ向かうのにも便利なネットワークです。最近は新型車両「しまかぜ」なども投入されて、乗る楽しみも広がりました。

ここでは、近鉄特急に安く乗る方法をご紹介します。

広告

少しでも安く乗ろう!

近鉄特急は、JRや新幹線に比べると、料金は比較的手ごろ。でも、「少しでも安くなる方法はないか」と考えてしまう人も多いでしょう。

ここでは、大阪〜名古屋の名阪特急と、伊勢志摩方面に向かう特急をメインに、近鉄特急に安く乗る方法をメインでご紹介します。なお、それ以外の区間でも安く乗る方法はほぼ同じですので、参考にして下さい。

株主優待券と特急券を組み合わせる

近鉄特急に安く乗る方法のうち、もっともオーソドックスな方法は、近鉄の株主優待乗車証(株主優待券)を手に入れることです。

株主優待券は近鉄全線に乗車できますので、これ1枚で名阪間を移動できますし、大阪から伊勢・志摩へ行くこともできます。「しまかぜ」に格安に乗るのもこの方法です。

近鉄の株主優待券は、近鉄の株主に配布されます。株主でない方は、金券ショップかヤフオクなどで手に入れましょう。金券店での相場1300円〜1600円程度です。

この価格だと、大阪〜名古屋間や、大阪〜伊勢・志摩、名古屋〜大和八木などへ行くにはお得ですが、名古屋〜伊勢・志摩は微妙です。鳥羽まで行けば株主優待券のほうが安いことが多いですが、名古屋〜伊勢市や宇治山田までだと、普通に乗車券を買ってもほとんど変わらない価格です。

株主優待券だけでは特急には乗れませんので、別途特急券を買う必要があります。これは駅の窓口で通常価格で買いましょう。

「近鉄名阪まる得きっぷ」を使う

いわゆる「名阪特急」に安く乗るのに最適の格安チケットが「近鉄名阪まる得きっぷ」です。

大阪難波・大阪上本町・鶴橋の各駅〜近鉄名古屋駅間の乗車券と特急券がいっしょになった回数券タイプの割引きっぷです。きっぷは5枚つづりと10枚つづりがあります。駅の窓口ではバラ売りはしていませんが、金券ショップに行けば1枚ずつ購入することが可能です。

レギュラーシート用とデラックスシート用がありますが、レギュラーシートで十分快適です。相場は片道3400円〜3600円程度です。この価格で、近鉄特急で大阪〜名古屋間を片道特急利用できます。利用方法は、乗車前に、近鉄の駅の特急券うりばで座席の指定を受けてから改札を通るだけです。

「伊勢神宮参拝きっぷ」を使う

大阪、京都、奈良、名古屋などから伊勢方面への、特急券付きの往復割引きっぷです。(特急券なし版もあります)。大阪、京都、奈良から6600円、名古屋から5900円の設定です。

伊勢神宮(宇治山田)までの単純往復ならほとんど割引にはなりませんが、松坂から賢島間の近鉄電車や三重交通バスにも乗り放題ですので、現地で少しでも観光をするならお得です。

「まわりゃんせ」を使う

正式名称は「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ”」。伊勢志摩方面の観光をするなら、かなりお得なチケットです。往復の特急料金も含めて大阪、京都、名古屋のどの駅からも9800円です。単純に近鉄特急に乗るだけならお得ではありません。

「伊勢・鳥羽2dayフリーきっぷ」を使う

近鉄各駅から近鉄電車往復乗車券とフリー区間内の近鉄電車(伊勢市〜鳥羽)・三重交通バスなどの乗り放題が付いたフリーきっぷ。特急料金は含まれていません。

現地での観光スポットの料金が含まれていないフリー乗車券です。単純に近鉄特急に乗るだけならお得ではありませんが、現地で観光をするならお得です。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」を使う

近鉄電車往復乗車券とフリー区間内の近鉄電車・奈良交通バスの乗り放題が付いたフリーきっぷ。特急料金は含まれていません。「奈良・斑鳩・吉野コース」「奈良・斑鳩コース」「奈良コース」の3タイプがあります。

現地での観光スポットの料金が含まれていないフリー乗車券です。単純に近鉄特急に乗るだけならお得ではありませんが、現地で観光するならお得です。新幹線で京都に着き、奈良方面の観光をする人にはおすすめのきっぷです。

その他の割引きっぷを使う

以上のほか、近鉄には多数の割引きっぷがあります。全ては紹介しきれませんが、観光目的なら近鉄のウェブサイトで確認してみるといいでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP