格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > JR割引 > 北海道&東日本パス

北海道&東日本パスの使い方

「北海道&東日本パス」は、JR北海道とJR東日本の全路線と、一部の私鉄が連続7日間乗り放題になるきっぷです。原則として普通列車と快速列車しか利用できません。青春18きっぷと似ていますが、連続した日にちでしか利用できない、急行列車は別途料金を支払えば乗車可能など、一部のルールが異なります。

利用できるのは、JR北海道、JR東日本の全路線と、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、北越急行、富士急行の各社。これらの路線がフリーエリアで乗り放題自由となっています。

北海道や東北エリアの格安旅行にはとても有効なきっぷです。以下で、使い方のコツを解説していきましょう。

広告

北海道&東日本パスの利用方法

「北海道&東日本パス」の利用方法は青春18きっぷと似ています。利用可能なのは普通列車と快速列車のみというのが原則。新幹線や特急列車には原則として乗れません。別に特急料金を払っても乗れません。

ただし、「新青森~新函館北斗」間内相互発着の場合に限り、別に特定特急券を購入すれば、北海道新幹線を立席で利用できます。また、「新夕張〜新得」間を利用する場合に限り、特急列車の普通車自由席を別途料金なしで利用できます。

急行列車は別途急行券などを購入すれば乗車可能です。この点は、青春18きっぷと異なります。

通用期間は連続する7日間です。利用できる期間は、春・夏・冬の主に学校の休暇期間中です。

値段は10850円。1日あたり1,550円ですので、青春18きっぷよりも3割以上安いです。しかも、第三セクターの主要路線には乗車できますので、コストパフォーマンスは高いきっぷといえるでしょう。

北海道&東日本パスの発売期間

■春季
・発売期間 2月20日から4月4日
■夏季
・発売期間 6月20日から9月24日
■冬季
・発売期間 12月1日から1月4日

北海道&東日本パスの利用期間

■春季
・利用期間 3月1日から4月10日
■夏季
・利用期間 7月1日から9月30日
■冬季
・利用期間 12月10日から1月10日

北海道&東日本パスの価格

大人 10,850円
小児 5,420円

北海道&東日本パスの取扱箇所

JR北海道、JR東日本の主な駅のみどりの窓口、旅行センターおよび主な旅行会社

北海道&東日本パスの使い方のコツ

北海道&東日本パスはとてもコストパフォーマンスが高いきっぷです。連続使用できるのなら、1日わずか1540円!で、JR東日本、JR北海道に乗り放題というのは価値があります。

ただ、連続使用で7日間きっちり使い切れる人はそういないでしょう。ですので、このきっぷは「7日使い切る」ことよりも、「自分の予定に合わせて10850円を有効活用する」という考え方で使ったほうがいいでしょう。

たとえば、横浜に住んでいる人が、3日間だけ郊外の旅行に使い、あとは自宅から都内を往復するのに使う、という方法もあります。自宅から東京までのJR片道運賃が780円以上する場合は、都内まで7日間往復するだけで元が取れるのです。

北海道&東日本パスの上手な使い方のコツを考える上で重要なのが、「さまざまな組み合わせ」といえます。

新幹線との組み合わせ

北海道&東日本パスでは、新青森~新函館北斗間では、別料金3,930円を支払えば北海道新幹線に乗車できます。本州と北海道を移動する際は、上手に活用しましょう。

LCCとの組み合わせ

都内から成田空港まで北海道&東日本パスを使い、成田空港からLCCを使い、新千歳空港からまた北海道&東日本パスを使う、という方法です。

成田空港も新千歳空港もJRが走っていて、北海道&東日本パスが使えます。東京駅から成田空港まで、JRで1320円、新千歳空港から札幌までJRで1070円、合計2390円。往復で4780円が普通運賃です。つまり、あと6000円分、JRを使えば元が取れてしまいます。

このように、LCCと組み合わせて北海道旅行をするのに、北海道&東日本パスは有効です。往路は「はまなす」、復路はLCCなどの使い方もいいですね。

東北エリア内利用だけでも十分お得

東北在住の人は、エリア内を利用するだけでお得です。たとえば、JR在来線とIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道を乗り継いだ場合、仙台〜青森間の往復は大人17,660円ですが、北海道&東日本パスを使えば、7,370円も安くなります。そのくらい価格としては安いのです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP