格安・激安で旅行するためのお得な情報サイトです。

格安旅行研究所

トップ > 鉄道 > JR特急 > はるか

「はるか」に格安で乗るには「はるか往復割引きっぷ」が便利

大阪や京都から関西空港に行くのに便利なのがJRの特急「はるか」。しかし、正規運賃が高いのが難点です。ここでは、関空特急「はるか」に安く乗る方法を考えてみましょう。

「はるか」に安く乗るには、「はるか往復割引きっぷ」という割引きっぷを利用するのが一番でしょう。

広告

はるか往復割引きっぷ

「はるか往復割引きっぷ」とは特急「はるか」の往復きっぷです。大阪、京都、草津、米原などから関西空港までの往復割引きっぷが簡単に購入できます。

利用日当日でも購入できて、有効期間は14日間です。往路を出発して、帰路が14日以内なら使うことができます。海外旅行も国内旅行も、だいたい2週間くらいまでですから、多くの旅行者には利用しやすいでしょう。

指定席が利用できるきっぷですが、自由席利用もできますから、満席でも乗ることは可能です。ただし、その場合の差額の払い戻しはありません。

「はるか往復割引きっぷ」の取扱箇所

JR西日本の関西エリアの主な駅のみどりの窓口。
※関西空港駅では発売なし。

「はるか往復割引きっぷ」の有効期間

14日間

「はるか往復割引きっぷ」設定区間と価格

区間 価格

  • 米原ー関西空港 7,510円
  • 草津ー関西空港 5,970円
  • 京都ー関西空港 4,830円
  • 高槻ー関西空港 4,110円
  • 茨木ー関西空港 4,110円
  • 新大阪ー関西空港 3,700円
  • 天王寺ー関西空港 3,090円

※こども半額

このきっぷは往復きっぷですが、「かえり券」のみの払い戻しが可能です。その場合は、払戻手数料がかかります。手数料の計算は、少し複雑ですので省略します。

関西空港に到着したはいいけれど、帰りのはるかが満席で乗れないなどの場合は払い戻せば手数料を差し引いて返金されます。

返金をスムーズにするには、購入時にクレジットカードではなく現金で購入すればいいでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

↑ PAGE TOP